コーヒー専門店5分の掃除で香り向上

コーヒー専門店5分の掃除で香り向上

コーヒー専門店は、コーヒーの香りが大切です。

当店ではコーヒー豆を毎日、自家焙煎しています。

毎日小まめに自家焙煎です。

コーヒー豆の焙煎
コーヒー豆の焙煎

 

小まめに小まめに、鮮度重視で焙煎しています。

コーヒー豆の鮮度が良いと、必然的にコーヒーの香りも良くなります。

が、焙煎機の掃除が滞っていると、いくら「コーヒー豆の鮮度は良いですよ」と叫んでも、
香りは良くない・・・。

香りが良くない原因の一つはこれです。

 

Read more

コーヒーショップ|岡山市|コーヒー豆専門店

コーヒーショップ|岡山市|コーヒー豆専門店

 

コーヒーショップのご案内~岡山市からお届け。

こちらのご案内は、コーヒー好きなあなた様に当コーヒーショップを快適にご利用いただくための 情報をご提供しています。
随時、加筆修正をしていきます。
どうぞご利用の際に、お役立てください。

 

店内サービスは。

店頭ではコーヒー豆を100gから小売販売しています。
コーヒーのお好みの味をお伝えください。いろいろとアドバイスを差し上げています。
コーヒー豆選びのご参考にしてください。
コーヒー豆の状態は「豆のまま・挽き」で、ご購入できます。挽きの場合は、お好みの挽き具合でお挽き致します。
コーヒー豆は真空包装してお渡ししています。

ショップ内でコーヒーが飲めます。
コーヒーショップではコーヒー豆の販売をしています。
そして店頭販売しているコーヒー豆を選んで飲んでいただくこともできます。
喫茶コーナーではコーヒーを1杯、324円(税込)で、ご提供しています。

コーヒーのお持ち帰りができます。
店頭のご興味が有るコーヒー豆を、ドリップ致します。
アイスコーヒー、ホットコーヒーにと、どちらもお持ち帰りができます。
価格はどちらも1杯、ホットコーヒー、アイスコーヒー共に259円(税込)です。

 

当店の事業内容は。

事業所・お店にコーヒー豆を500g以上で配達致します。
当日の午前中のご注文であなた様の会社・お店まで、焼きたてのコーヒー豆を500g以上で、お届け致します。
このサービスは岡山市内限定です。
岡山市内といっても広大なので、「私のところはどうなのかな?」と思いましたら、
ご遠慮なく、お問い合わせください。(TEL・FAX 086-212-0670) 担当 瀬崎(せざき)

お届けのコーヒー豆の状態は。
豆のまま・挽き(粗挽き~細引き)まで、抽出器具に合わせた挽き具合で、お届け致します。
コーヒー豆の小分けも可能です。

コーヒーメーカーを無料貸出し(レンタル)致します。
お勤め先にコーヒーメーカーが無くても大丈夫です。
人数分に応じたコーヒーメーカーを、無料で貸し出ししています。
(但し、当店のコーヒー豆をご購入の場合に限ります。)

イベント用のコーヒーサービス。
各種展示会・学校のバザー・会議・お食事会・棟上げ・法要等、短期間のコーヒーメーカー貸し出しのご予約も、楽しみにお待ちしております。
コーヒーメーカーの設置から引き上げまで、お手間は一切お掛け致しません。
土曜日・日曜日・祝日でも、喜んでご希望のお時間にお届け致します。
(但しこのサービスは、ご予約優先です。日程によってはご予約不可能な場合もございますので、ご了承ください。)

コーヒー配達サービス。
会場でコーヒーを作る時間が無いあなた様におすすめです。
当店でドリップしたコーヒーを、保温ポットに入れてお届け致します。
ミルク・コップ・シュガー・スプーンも人数分付いて、1杯120円(税別)です。
詳しくは、お問い合わせください。(TEL 086-212-0670) 担当 瀬崎(せざき)

 

当コーヒーショップのこだわり

コーヒー豆は鮮度が命です。
珈琲工房サントスでは、コーヒー豆を生鮮食料品と考え、毎日必要量だけ焙煎しています。
大手コーヒーメーカーの様に、大量にコーヒー豆を焙煎し、在庫として持っていません。

当店のコーヒー豆の焙煎は、とにかくコーヒー豆の芯まで完全に火を通すことに神経を使っています。
「生焼け」の状態のコーヒー豆は、飲んだ後口に不快感を感じます。
完全に火を通すことによって、冷めても品質劣化の遅いコーヒーが出来上がります。

 

当店が選ばれている5つの理由を、どうぞご覧ください。

当店をご利用されて、うれしいお客様の声を、どうぞご覧ください。

ご近所のあなた様には当コーヒーショップ迄の地図を、どうぞご覧ください。

どうぞ当コーヒーショップに、お立ち寄りください。

 

あなた様に、ご不便をお掛けする場合があります。

コーヒー豆の焙煎は現在に至るまでいろいろと試行錯誤をしています。
なんとか実感として「これなら!!」という所まで来ていますが、農作物相手ですので日々、焙煎技術の向上に励んでいます。

ダンパー
ダンパー

コーヒー豆の焙煎の極めて重要な「ダンパー操作。」
このダンパー操作が、コーヒー豆の香味付けの要因となっています。

 

ダンパー操作・ニュートラルを探す
ダンパー操作・ニュートラルを探す

ご来店のあなた様には、店主のこの様な場面に遭遇するときも有ると思います。

この場面(写真)は、店主が「ダンパー」を操作しているきです。
とても神経を使います。
ダンパーを毎回、焙煎工程で、ミリ単位の調整をしています。
コーヒー豆が焼き上がるまでに、ダンパーの設定を何度も何度も確認します。

ダンパー調整がずれて味付けの許容範囲を超えてしまうと、コーヒー豆の焙煎失敗となってしまいます。

コーヒーショップでは、営業時間中でもコーヒー豆の焙煎をする場合がありますので、あなた様がご来店の際に、「なかなかこちらに振り向いてくれない!」と感じましたら、大抵は焙煎工程の重要な局面なので、お待たせして申し訳ございません。

また焙煎中は、頻繁に接客を中座してしまうことも有り、重ねてお詫び申し上げます。
特に「焼き上がり迄、後3分!!」のときは、とてもお待たせしてしまうことも多々あります。

可能な限り、あなた様に快適にお買い物をしていただける様に努めます。
ご不便をお掛け致しますが、どうぞご了承ください。

 

小さなお子様連れでご来店されても大丈夫です。

店内のおもちゃ
店内のおもちゃ。

店内には多くは有りませんが、お子様が退屈にならないための「おもちゃ」を置いています。
この「おもちゃ」が相手をしてくれますので、ごゆっくりとコーヒー豆をお選びください。

 

 

 

所在地:岡山県岡山市北区富田531-2
TEL:(086)212-0670
営業時間 平日・土曜日 9時~18時30分迄 日・祝日 11時~17時迄
定休日 水曜日 (不定休で、日・祝)
臨時休業・急な営業時間変更は、可能な限りホームページにご案内しています。

 

 

ぜひ読んで欲しい日記です。
コーヒー豆は後でブレンド/業務用コーヒー豆

2018-05-09

コーヒー豆の賞味期限

コーヒー豆の賞味期限

コーヒー豆の賞味期限は・・・・・。

 

コーヒー豆の賞味期限は。
豆のままなら、冷蔵保存で2ヶ月です。
粉にしたなら、冷蔵保存で1ヶ月です。

豆のままなら、冷凍保存で3ヶ月です。
粉にしたなら、冷蔵保存で2ヶ月です。

なのですが。
賞味期限は、全てあなた様の保存環境に左右されます。

冷蔵庫、冷凍庫の中が、あまり食材が多くないのが一番、冷蔵冷凍能力が増します。
だから食材が沢山詰まった冷蔵、冷凍庫だと、必然的に賞味期限は短くなります。

 

なぜ低温保存がコーヒー豆にとって良いのか。

 

只今のところ、コーヒーの賞味期限は、とてもあいまいです。
全てのコーヒー焙煎メーカーが一様にして、「これだ!」という賞味期限表記にはしていません。

スーパーなどの小売店、またデパートなどで、いろいろと表記を見てみると。
コーヒー豆の賞味期限の長い物で1年、イスタントコーヒーだと、もっと長いです。
これらのコーヒーは、全て大手焙煎メーカーの商品です。

店頭で、陳列販売されている商品状態は、ほとんどがコーヒー粉の状態で販売されています。

少しコーヒーの知識を持っている人から見ると、この賞味期限の表示には驚きですよね。

スーパー等の流通形態から考えると仕方がないのかもしれません。
が、これではコーヒーの正しいコトが伝わらないので、コーヒー業界に携わる方々の普及活動が必要です。

では正しいと考えられている賞味期限は。

 

当店が考えているコーヒーの賞味期限は、生鮮食料品と同じ考え方です。

 

理由は。

コーヒー豆は、焙煎という乾煎りをするために、「火」を使用します。
このために生豆の段階よりも、もっと早く「脂質の酸化」が進む様になります。

更にコーヒー粉にしてしまえば、酸素に触れる表面積が増えるので
もっともっと早く脂質の酸化が進む様になります。

当店では、コーヒー豆は生鮮食料品と考えています。
とにかくコーヒーは、鮮度重視です。

きっと多くの自家焙煎コーヒー豆専門店もこの考え方のはずです。

鮮度重視ということは、「可能な限り、早く飲んでください」ということです。

当店がおすすめしているのは、「コーヒー粉にしてしまった物は、当日中には使って欲しい」と、お願いしています。
が、これは現実的では無い場合も、有りますよね。

なのでコーヒー粉にしてしまった物は。
「味は変わっていくけれども、なるべく2週間程で飲んでください」と、お伝えしています。
豆の状態だと粉よりも、脂質の酸化速度は遅いのですが、それでも1ヶ月程度では飲んでください。

 

特に夏場の高温期は「脂質の酸化」が非常に速く進みます。

だから低温暗室の冷蔵庫に保存容器に入れて保管をお願いしています。

コーヒー豆の保存缶の説明を書いています。

 

 

コーヒー豆を18種類取り揃え

コーヒー豆を18種類取り揃え

コーヒー豆を、浅煎りから深煎りまで取り揃え。

当店では、多くのコーヒー好きな方の味覚に合わせるために、
コーヒー豆の焙煎度合いを飲みやすい浅煎りから濃口の深煎りまでを取り揃えています。

コーヒー豆の種類はブレンドも含めて18種類です。

なので必ずあなた様のお好みのコーヒーの濃さ(苦味含む)が見つかります。

只、一つ先に「お詫び」を申し上げておきます。

当店では、「炭焼きコーヒー豆」は、取り扱いしていません。
今後も取り扱う予定はありません。

なぜかと言うと。

Read more

エスプレッソ用の豆を販売しています。|その2

エスプレッソ用の豆を販売しています。|その2

 

もう一種類エスプレッソ用のコーヒー豆を販売しています。

 

まずは、エスプレッソ用の豆その1をご覧下さい。

こちらの香味はワールドワイド(全世界に及ぶ広がり・規模であること)で、
需要があるのでしょうか。

先日ご紹介したエスプレッソ用のコーヒー豆の「イタリアンブレンド」以上に
ご注文が多いコーヒー豆です。

銘柄は「アイスコーヒー」です。

この豆はアイスコーヒー用途でもエスプレッソ用途でも
どちらでも良く合うように創っています。

なので使用用途に応じて、「アイスコーヒーもしくは、エスプレッソ用」として、
ご注文の際の商品説明時に、詳しくお話しています。

 

合わせて読んで欲しい日記です。
コーヒーの雑味の原因3点 |知っていますか。 

 

香味特長は。

とにかく味に「パンチ(苦味)」が有ります。
(かとっ言って、もう飲めない!!と、いう程の苦味ではありません。)

苦味の素は、どの様に味付けをするかというと。

Read more