おいしい自家焙煎珈琲への想い

おいしい自家焙煎珈琲への想い

自家焙煎珈琲豆

自家焙煎珈琲豆

 

コーヒー豆を通して、ご縁をいただくあなた様のために。

 

自家焙煎珈琲豆 焼きたてをお届け。

 

焼きたて・挽きたて・淹れたて、これが当店のこだわり。

おいしいコーヒー豆を、お届けするためには。

 

あなた様に、ホッと一息・・・。
を、楽しんでいただくためには、どんなコーヒーが良いのでしょうか?

 

 

コーヒー豆は農作物です。 
コーヒー生豆の状態で保存すれば長持ちはします。
が、一旦熱を加え焙煎という 加工をすると日持ちのしない生鮮食料品に生まれ変わります。

そうなのです。
生鮮食料品ということは、肉・魚・野菜といった食料品と 同じ仲間入りをします。
コーヒー豆は、新鮮だからこそ美味しい飲み物。
焼きたて・挽きたて・淹れたての、3たてで 初めてホッと一息・・・を、お届けできるのです。

では、おいしいコーヒーとお菓子をご用意して、ごゆっくりどうぞ。

 

コーヒー生豆

 

これがコーヒー生豆(写真:上)です。
コーヒー生豆の色はご覧の通り、青緑です。
香りはまだ、コーヒーとは云えない青臭い香りです。

当店が取り扱っているコーヒー生豆は、どれも高品質な素性の良い物だけを厳選しています。

あなた様にコーヒー豆の良い香味をお届けするためには。
これから生豆に焙煎という「熱を加える」加工をしなければいけません。

 

ここから焙煎なのですが、焙煎機という機械が必要です。
当店で使用している焙煎機は、火力・排気ともにバランスの取れた富士珈機販売の半熱風式(5㎏)です。
日本でもっともシェアが多い、焙煎機です。
もっともシュアが多いということは、性能も良く、人気の焙煎機ということです。

 

焙煎機焙煎機のバーナー

 

コーヒー豆は焙煎後、必ず脂分の酸化が進んでいきます。

コーヒーは腐らないと思っている方は多いです。
が、それは間違いなのです。

コーヒー豆は焙煎直後から酸素に触れることによって、コーヒー豆に含まれている脂分の酸化が始まっているのです。
このことは、どんな食料品でも避けることのできない事実なのです。
酸化が始まってしまうのは、肉・魚・野菜と同様に仕方のないことなのです。

ですから、いつ焙煎されたのかが極めて重要です。

どんなに高品質な生豆を焙煎しても、長時間経過したものは酸化により、香味が変わってしまっています。
これではホッと一息なんて、できません。

ときどき、
「うぁ、酸っぱい」
「苦いだけか・・・」
「飲んだ後、気持ち悪い」と、云われるのは、酸化したコーヒー豆に当たったためです。
コーヒーは口に入れる飲み物です。
だからこそ、毎日小まめに必要量だけ、焙煎をする必要が有るのです。

コーヒー豆は焙煎直後から、時間の経過と共に必ず、含まれている脂分の酸化が進んでいきます。

 

コーヒー豆の焙煎は、単品焙煎に「こだわり」ます。

焙煎何度もコーヒー豆を釜から取り出し色、香り、膨らみ、つやを人間の五感で確認していきます。
ここが、一番緊張する瞬間です。
香味の決定は、全て人間の五感によります。

当店の焙煎方法は、単品焙煎です。
いわゆる、生豆の段階でブレンドする混合焙煎はしていません。
なぜならコーヒー豆ごとに、一番おいしい煎り止め温度が異なるからなのです。

1つの生豆を焙煎するのに時間にして、約20~25分程掛かります。

だから、1つのブレンドを作るのに、約50~100分程掛けての焙煎作業となります。

が、混合焙煎だとすでに生豆の段階でブレンドしますから、1回の焙煎工程で終了。
でもそれでは、本当のおいしさはお届けすることがきません。

小さな焙煎機で、「注文後、直ぐに焙煎してお届け」というのは、混合焙煎でしかできません。

珈琲工房サントスでは、本当の美味しさをお届けするためにも、単品焙煎にこだわります。

怖いもの見たさに、一度は混合焙煎のコーヒーを飲んでみるのも良いと思います。
そしてぜひ、当店のコーヒーと飲み比べをしてみてください。

「百聞は一見にしかず」、と申します。体験されてみて、ご感想をお聞かせください。

 

焙煎機攪拌

 

コーヒー豆の煎り止めは。

コーヒー豆の色、つや、香りが、以前焙煎したもの(見本)と見比べながら、何度も焙煎具合を確認し、見本と同じ品質になるまで集中して確認していきます。
そして、見本と一致した瞬間に、煎り止めです。
素早く、コーヒー豆をかくはんし冷却します。

 

基本を忘れずに、コーヒー豆を焙煎しています。

コーヒー豆の焙煎は、キャリア(経歴)だけでは良い焙煎はできません。

30年のキャリアが有っても、コーヒーの味はその人間性を反映するものです。
キャリアだけでは、良いコーヒーはできません。
また30年のキャリアを混合焙煎に費やしたのでは、まったく意味が有りません。

最近は、私より若い方が自家焙煎に取り組んでいます。
その方達のキャリアはまだ数年。
でも、美味しいコーヒー豆を販売しています。
コーヒーの味は、その人の個性の反映なのです。
私も師匠について習い、基本に従って焙煎しています。

当店ではコーヒー豆の焙煎は、基本にきちんと従って行い焙煎データーを取り、こだわりの味を作り出し、コーヒー豆の個性を出しています。

 

コーヒー豆の焼き上がり後も大切です。

焙煎

コーヒー豆の焙煎の後は、ハンドピック作業です。
欠点豆(石・虫食い・不良豆)などを、人の目人の手で一つひとつ取り除いていきます。
根気のいる作業です。
この作業も、美味しいコーヒーを作るためには、欠かせません。
コーヒーの香味に影響をするので、必ずやらないといけない作業なのです。

 

 

コーヒー豆を更においしく飲んでいただくために。

焙煎

そして、いよいよコーヒー豆をブレンドしていきます。
一番に美味しくなるブレンド比率で、ブレンドします。
このブレンド技法によって甘いコーヒー、コクのあるコーヒー、苦味のあるコーヒーなど、世界に1つしかない様々な香味が誕生します。
正にブレンドコーヒーに命が吹き込まれる瞬間です。

ブレンドコーヒーの香味は、世界に1つしか存在しません。

 

当店では、コーヒー豆を生鮮食料品と考えています。

この下の写真を、ご覧ください。
写真・左:コーヒー粉を袋詰めにすると、香りの元で膨らみます。
写真・右:ハンドドリプの際には、元気に膨らみます。

コーヒー粉は袋詰めをすると、膨らみの大小の差は有りますが、必ず膨らみます。
これはコーヒー豆が香りの元となる炭酸ガスを放出しているからなのです。
そしてコーヒー粉は、お湯を注げば必ず、膨らまなければいけません。

この現象は、正にコーヒー豆が生きている証拠なのです。

あなた様のコーヒー粉は、元気に膨らんでいますか?

 

コーヒー粉・ふくらむコーヒー・ふくらむ

写真:左 コーヒー粉を袋に詰めると時間の経過と共に、焙煎の度合いの違いで膨らみ具合の差はありますが、必ず袋は、ふくらみんでいきます。

写真:右 新鮮なコーヒー豆は、ハンドドリップの際には、元気良く膨らんでいきます。

 

コーヒー豆の焙煎仕事の励みは・・・。

いよいよ袋詰めしてコーヒー豆の出荷なのです。
が、ここまでこの様にお話してきましたが、実際の作業はそんなに簡単ではありません。
当店の小型焙煎機5㎏を使っての1日の焙煎量は、たかだかしれています。
大手コーヒーロースター(メーカー)の様に、コーヒー豆を大量焙煎できません。

あなた様にコーヒー豆の焼きたてをお届けしたいので、一度に多くのご注文をお受けし、焙煎することは、以上のような理由で理論的、物理的にも無理なのです。

ましてや注文をさばきたいからといって、混合焙煎などは決してしたくは有りません。

この様に大変に手間の掛かる作業ばかりですが、あなた様の「おいしいですよ」の、声を早く聞くことが、私の毎日の仕事の励みになっています。

 

あなた様にコーヒー豆をお届けするまでに、少し日数をいただく場合が有ります。

当店のコーヒー豆を自信を持っておすすめしたいために、ご注文をお受けした順から発送します。
通信販売でご注文のあなた様には、お届け迄に日数が掛かってしまう場合が有ることを、どうぞご理解いただければと願っています。

岡山市内で当店よりコーヒー豆の配達をご希望のあなた様には。
現在は午前中迄のご注文で、その日のうちには宅配できる様に努めています。
コーヒー豆のお届け迄に、日数が掛かる場合も有ります。
通信販売と同様に、どうぞご理解ください。

いろいろとお伝えをしましたが。

焼きたて、挽きたて、淹れたてを、あなたの様のためにお届けします。
これが、あなた様とのお約束です。

そしておいしいコーヒーを通して、あなた様とあなた様のご家族、お友達とご一緒に、おいしいお菓子をご用意して、ホッと一息・・・をお楽しみください。

ここまで、お読みいただいて、ありがとうございます。
当店、珈琲工房サントスのホームページは、情報満載のホームページです。
全部、お読みいただけるとしても、後20分ほど掛かります。

お読みいただく前にトイレに行っていただき、コーヒーをおかわりしてください。
お菓子を補充して、右手にマウスを持って、どうぞごゆっくりお読みください。

 

コーヒー豆への想い
コーヒー豆への想い

 

ぜひ読んで欲しい日記です。
●コーヒーの入れ方|淹れ方

2018-04-15