ブラックか|個人で創業1年目の方へ

ブラックか|個人で創業1年目の方へ

連休~ゴールデンウィークの過ごし方。

 

新規開業
新規開業

 

この情報は2016年5月に書いたバックナンバーです。
現在でも十分に通用するコトを書いています。
創業予定のあなた様には、ぜひ読んでいただきたいのです。

 

巷はゴールデンウィーク真っ只中ですね。

皆さん、楽しいコトだらけでしょう。
あなた様もそうですか。

が、個人で創業1年目の方は、
「もしかしてだけど~、もしかしてだけど~~~。
 脳みそもゴールデンウィークじゃないんですかぁぁぁ ♪」

脳みそを休めては、ダメです。

経営者は、労働時間等の適用除外です。
経営者の労働時間の長さは、世の中から見ると、「うわ!ブラックか・・・」と、言われるほどです。

なので家庭に迷惑をかけない範囲で、ブラックな長時間頭脳労働をしなければなりません。

具体的な労働時間は、年間4200時間は労働しましまょう。

これは、17年目の当店でさえも同じことです。

なのに経営1年生が、頭脳労働をしない・・・。
ありえません。

サラリーマン時代のような、8時間労働では、資本主義社会では淘汰されてしまいます。

頭脳労働をしなくても良いのは、1万人に1人位です。

残りの9999人は、長時間頭脳労働をしなければいけせん。

何事も稽古量です。
上手になるためには、ブラック・・・、なんてことは言ってはいられません。
野球だと、とにかく練習です。
基礎が身につくまでは、ヘロヘロになりながらの基礎練習をするはずでしょう。
目標は、3割打者です。

野球選手で3割打者だと、来季も契約確定は十分条件です。

経営も同じです。

優秀な経営者は、10個の企画を組んで、3個はクリーンヒットです。

決算書も◎でしょう。

ここを目指して、仕事です。

私?

私ですか。

まだまだ3割には、ほど遠いです。

10個の内、1~2個か・・・。

これでは1~2割打者です。

2割打者では、来季の契約は難しいですね。

では、また。

 

 

ぜひ読んで欲しい日記です。
コーヒー豆のハンドピックについて

 

2018-04-07

カフェ・レストラン・喫茶店を創める前に|開業|

飲食店を開業するあなた様へ

 

カフェ・レストラン
カフェ・レストラン

 

「まぁた、追加工事か~~~。」
「まだ、仕入れ先が決まっていない・・・。」
「これ、どこに頼んだら良いのか・・・。」
「安心できる食材を探さないと。」

 

OPEN前は、様々な作業をこなさないといけないので大変ですよねぇ。

厨房機器の電気容量が足りないのを、後から気がついてガックリ・・・。
野菜・果物・お肉・お魚・卵・小麦・お酒・調味料・チーズ・バター。
それに料理を盛り付ける器・コーヒーカップ、その他包装資材などなど。
いったいこんなコトは、どこに頼んだらいいのかしら?

店舗の掃除、衛生管理も決めておかないと。
特に衛生面は、重要ですよね。
食中毒なんか起こしてしまったら、大変です。
お店の存続にもかかわります。

お店を創める(開業)ときは全ての事柄について、仕入先や詳しい知識を知っていれば良いのですが、
なかなか勉強する時間が無くて大変だと思います。

なぜ私がこんなことまで心配するかと申しますと、 実は私も創業(開業)するときに、この様なことで
失敗しましたし、考えて悩みました。
また、私に新規開店・開業のお話をいただいたときに、多くの方が同じようなことで失敗し、
悩んでいることに気が付いたからです。

 

でも、もうご安心ください。

 

お店を創める前にお読みいただければ、少しはあなた様のお役に立つと思います。

 

では、ご参考までに。

 

使用予定機材の電気容量を確認しましょう。

 

カフェ開業

 

店舗の図面を書いてくださる建築設計士さんが、 OPENの都度おっしゃられるお言葉。
「できるだけ早く、使用する厨房機器の電気、ガス、製氷機の容量様式を教えてください。」
この言葉は、図面を書くのにとっても重要なコトだからなのです。

厨房機器には製氷機、自動食器洗機、スチームコンベクション、エスプレッソマシーン
コーヒーメーカー、ガスフライヤー等々、多くの機器があります。

 

コーヒーだけに限ってお伝えすれば。

エスプレッソマシーンコーヒーミルコーヒーウォーマー

画像左から、エスプレッソマシーン・コーヒーミル・コーヒーウォーマー

 

上の写真のように、器具がいろいろと有ります。

コーヒーの抽出方法をハンドドリップだけで行ない、エスプレッソはやらないというので
あれば、さほど電気は必要ないかもしれません。

しかし、エスプレッソまでメニューに入れるとなると、電源、水道の問題は重要です。

例えば。
コーヒーメーカーの場合機種によっては、単相200V・水道直結というのも有ります。
エスプレッソマシンの場合、少なくとも1200Wぐらいは必要です。
中には、3相200Vという機種もありますから、要注意です。

特に3相200Vとよばれている電気は、電力会社との契約が必要になってきます。
事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

重要!!
このような電気のことをまったく考えずに、コーヒーマシーンの機種を決定してしまうと、
後の追加電気工事が大変です。

また、電源ブレーカーも店舗運営に都合よく、設定しておかないと、いつも特定の機械を動かす都度
ブレーカーが落ちたりと、後々とても不便さを感じたり、お客様の失笑を買い、
「この店大丈夫かなぁ?」と、信用問題にもねなりかねません。

ですから、コーヒーマシーン、厨房機器の機種をできるだけ早く決定して、
建築士さんにお知らせしてください。
必ず建築士さんから、良いアドバイスがいただけると思います。

後から気がついて追加工事などで、無駄なお金が出て行かないようにしましょう。
(実は私も、追加工事で失敗しました。泣・・)

 

重要な食材の仕入れ先。

 

食材の仕入れ

 

お店のメニューには、コーヒー以外の物も有りますよね。
全ての食材の仕入先は、もう決まっていますか?

もし、まだ決まっていない食材、包装資材が有っても大丈夫です。
私の長年お付き合いの有る、親切で丁寧な業者さんをご紹介します。
もちろん一切、紹介手数料なんか必要有りません。

ご必要とあれば、一度お話をしてみることも良いと思います。
ご紹介した先から、必ず買わないといけないということではありません。
ご安心ください。

あくまでも、ご紹介は私の職業奉仕です。

野菜・お肉・お魚・お酒・卵・小麦・包装資材・メニューブック作成などなど、
全ての業種をご紹介できますから、「この業種は知り合いがいないなぁ」と、
思われましたら、当店迄お気軽にご相談ください。
(但し岡山県内もしくは、岡山市内に限ります。)

 

店舗の衛生管理は、大変重要です。

 

店舗の衛生管理

 

この項目は皆さん、なぜか開店してから考えてしまいます。

なぜなら開店前は、害虫なんかいませんから。
いや、いないというと語弊ががありすから、害虫の数が極端に少ないから
目に付かないのだと思います。

しかし気温が上昇し夏場を迎えると、どこからともなく「こんにちわ」と、やって来ます。
正に害虫は、招かれざる客です。

でも開店後、害虫たちの管理は、あなた様が食品衛生責任者である以上
大切な大切な任務です。
できるだけ外部から浸入させない様にまた、数を増やさない様にしないといけません。
できれば、開店前にポイントだけでも聞いておくと良いかと思います。

私の仲間には、衛生管理・害虫管理のプロもいます。
この方はプロ中のプロなので、もし、あなた様にご迷惑が掛かれば
私が迷惑料を払っても良いくらい、ご紹介するのに自信があります。

店舗の掃除や掃除のポイントも含めて、お話を聴いてみるのも良いかと思います。

このページは。
開店前の極めて必要なコトです。

いつでもご相談に乗りますから
お気軽にこちらから、ご相談ください。

くれぐれもコーヒーマシーンの決定は、お早めに。

 

ぜひ読んで欲しい日記です。
エスプレッソ用の豆を販売しています。|その1

 

2018-03-21