バターコーヒー|ファミリーマート

バターコーヒー|ファミリーマート

ファミリーマートの、バターコーヒーを試飲です。

2018.10.13 更新 | 2018.07.01 公開

 

ファミリマは、2017年12月に「バターコーヒー」を発売しています。
以来、とても人気らしいのです。
私も「コーヒー」と名の付く業界で仕事をしているので、「どんなものか?」と、一度、味見という試飲をしました。

早速、近くのファミリーマート迄出かけて、バターコーヒーを購入してみました。
買ったのは、下の画像です。

 

ファミリーマート・バターコーヒー・オリジナル
ファミリーマート・バターコーヒー・オリジナル

 

バターコーヒーの価格は、税込198円です。
少し高目の価格設定です。
材料のバターが高級なので、この価格設定なのかは不明です。

 

では、バターコーヒーを試飲した感想は。

 

率直に書くと。

このバターコーヒーは、どうなのでしょうか。
店舗の運営上の都合のためなのか、無理やりバターコーヒーを作った様な気がしてしまいます。

普通のバターコーヒーは、この様な飲み物です。

バターコーヒー
バターコーヒー

 

バターの脂肪分に負けない、濃厚な深煎りコーヒーをドリップした後に、バターを投入します。
そして、バターをコーヒーにしっかり溶けこませるために、スプーンで混ぜます。
すると、バターコーヒーの美味しさが増してきます。
そのため、飲むときは全部溶けきるまでしっかり混ぜてから飲みます。

結果、バター・コーヒー特有のバター風味と、クリーミーなまろやかさが有り、とても美味しいものです。

でもファミマのバター・コーヒーは、クリーミさは有っても、バター風味はまったく有りません。
味も、つくり物のまろやかさです。
これでは、バター・コーヒーでは有りません。
私から言えば、バター・コーヒー風なのです。

なぜ、バター・コーヒー風なのかと言うと・・・。

 

バター・コーヒーをチルド商品にするということは。

 

ご存知の通り、ファミマのバターコーヒーは、「チルド商品」として販売されています。
きっと、ホットコーヒーで販売すると店舗運営上、とても手間なのでしょうね。
どの位、手間なのかは想像すれば、だいたい解りますね。
手間なので、「チルド商品」として、開発されたのでしょう。

バターが可塑性を示す温度範囲は13~18度です。
つまり、バターが粘土のように自由に形を変えることのできる温度帯です。
そして、冷蔵庫の中で冷やすと、バターは固まります。
この性質を知らずしてチルド商品の「バターコーヒー」を作ってしまうと、商品に含まれているバターは固まってしまいます。
バターコーヒーの作り手側としては、とても都合が悪いわけです。

そこで登場するのが、食品添加物です。

 

ファミリーマート・バターコーヒー・オリジナル

ファミリーマート・バターコーヒー・オリジナル

 

画像の原材料名を、見てくださいね。
普通のバターコーヒーには、絶対に入らない「物」が使われていますね。
そうですね。
食品添加物が使われています。

私は、この食品添加物が、”バターコーヒー風”にしている原因ではないのかと、感じています。

食品添加物は作り手側の都合の悪い性質を、都合の良い物にするための魔法の物質です。
ファミマのバタコーヒーには、水と油の様に混じり合わないものを、均一に混ざりやすくする食品添加物の「乳化剤」が使われています。
ファミマは、乳化剤の性質を使って、バターコーヒーを作っているのです。
そして、カゼインナトリウム(Na)も使われています。

普通のバターコーヒーには、この様な添加物は、絶対に入れません。
まぁここでは、あまり添加物のコトは、触れないでおこうと思います。
なので、使われている乳化剤と、カゼインナトリウム(Na)を使うことへの評価は、あなた様自身でしてくださいね。

 

珍しさだけで終わるかもしれません

 

ファミマのバターコーヒーを飲み終えた後口には。
少しバターの塩分と風味を感じます。

私が、これだけを飲んだから、なのか。
「また、飲んでみたい。」
「次も、買ってみよう。」
「美味しかったな。」
とは、まったく思わなかったです。
他の食べ物と一緒に飲むと、美味しさを感じるのかもしれません。

 

お店のスタッフさんに訊いてみました。

 

「バターコーヒーは、良く売れていますか。」
店員さん「いや、そんなには・・・。一日に2個位です。」と。

なるほどねぇ。
バターコーヒーのチルド版は、まだ発売されたばかりなので、まだまだこれからの商品だとは思います。
もっと、育てて行く商品ですね。

そのためには、もっと商品改良をして欲しいですね。
製造企業側の利便性ばかりを追求してしまうと、消費者が本当に望んでいる商品にならないのではと、感じてしまいます。

私としては、今回のバターコーヒーは、どうでしょう。
時期を見て、商品改良されていれば、また買ってみることにします。

あなた様も、ご興味がありましたら、チルド版のバターコーヒーをご賞味ください。

 

 

 

コーヒー豆のハンドピックについて。

コーヒー豆のハンドピックについて。

コーヒー豆の品質向上のために。

 

コーヒー豆・ハンドピック

 

私は焙煎終了後、必ずハンドピックをします。
ハンドピックは、しなければなりません。

ハンドピックとは、コーヒー豆の中に入っている、欠点豆(上手く焙煎できていない、不良豆等)を、人間の手で取り除くことです。

よく有るコーヒー豆の欠点豆の一つに、貝殻豆(画像)が有ります。
コーヒー豆の中の実が入ってなくてまるで、貝殻の様に見えることから「貝殻豆」と言います。

この貝殻豆が混入していると、コーヒー抽出液の香味にとても影響を与えてしまいます。
なので貝殻豆は、取り除きます。

私は可能な限り人間の手で取り除いていますが、人間のすることですから、どうしても取り除けないことがあります。
(ごめんなさい。)

また標準品のコーヒー豆(特にブラジル、ケニア、タンザニア、マンデリン)品種、産地によっては貝殻豆の全てを取り除くことが困難な場合が有ります。

コーヒー豆の等級が上がってくると、貝殻豆の混入率も格段に少なくなってきます。
上位等級のコーヒー豆価格は高いのですが・・・。

コーヒー豆に欠点豆がたくさん入っていると、価格は安いのですが、香味は低下してします。

この知識があなた様のコーヒー生活のお役に立てれば、私はとても嬉しいです。

 

ぜひ読んで欲しい日記です。
おいしい自家焙煎珈琲への想い

 

2018-03-25

コーヒー豆焙煎機の掃除|排気ダクト

コーヒー豆焙煎機の掃除|排気ダクト

コーヒー豆の品質安定のためには。

2018.10.03 更新 | 2016.10.24 公開

 

今日から、いよいよ10月後半戦となります。

月曜日で忙しいのですが、コーヒー豆の焙煎機に気になる箇所が
あったので、焙煎作業開始前に掃除です。

面倒でも小まめに掃除をしておかないといません。

 

 

焙煎機
焙煎機

 

今回の焙煎機の掃除箇所は、焙煎機側面から上に2本立ち上がっている排気ダクトの手前小さい方です。

ここはダクト径が小さいので、排気の通りが悪くなりがちなので、小まめに掃除です。

 

焙煎機
焙煎機

 

排気ダクトを外します。

 

焙煎機
焙煎機

 

排気ダクトの吐き出し口と吸入口をきれいに掃除です。

 

焙煎機
焙煎機

 

排気ダクト本体も、丁寧に掃除します。
掃除完了後、再び組み立てて掃除完了です。
これでまた快適に焙煎作業ができます。
また掃除をすることによって、コーヒー豆の品質も安定して変わらない香味をお届けすることができます。

今週は、焙煎機の掃除かせ仕事が始まりました。
この一週間もがんばります。

では、また。

 

 

コーヒー専門店5分の掃除で香り向上

コーヒー専門店5分の掃除で香り向上

コーヒー専門店は、コーヒーの香りが大切です。

当店ではコーヒー豆を毎日、自家焙煎しています。

毎日小まめに自家焙煎です。

コーヒー豆の焙煎
コーヒー豆の焙煎

 

小まめに小まめに、鮮度重視で焙煎しています。

コーヒー豆の鮮度が良いと、必然的にコーヒーの香りも良くなります。

が、焙煎機の掃除が滞っていると、いくら「コーヒー豆の鮮度は良いですよ」と叫んでも、
香りは良くない・・・。

香りが良くない原因の一つはこれです。

 

Read more

コーヒーショップ|岡山市|コーヒー豆専門店

コーヒーショップ|岡山市|コーヒー豆専門店

 

コーヒーショップのご案内~岡山市からお届け。

こちらのご案内は、コーヒー好きなあなた様に当コーヒーショップを快適にご利用いただくための 情報をご提供しています。
随時、加筆修正をしていきます。
どうぞご利用の際に、お役立てください。

 

店内サービスは。

店頭ではコーヒー豆を100gから小売販売しています。
コーヒーのお好みの味をお伝えください。いろいろとアドバイスを差し上げています。
コーヒー豆選びのご参考にしてください。
コーヒー豆の状態は「豆のまま・挽き」で、ご購入できます。挽きの場合は、お好みの挽き具合でお挽き致します。
コーヒー豆は真空包装してお渡ししています。

ショップ内でコーヒーが飲めます。
コーヒーショップではコーヒー豆の販売をしています。
そして店頭販売しているコーヒー豆を選んで飲んでいただくこともできます。
喫茶コーナーではコーヒーを1杯、324円(税込)で、ご提供しています。

コーヒーのお持ち帰りができます。
店頭のご興味が有るコーヒー豆を、ドリップ致します。
アイスコーヒー、ホットコーヒーにと、どちらもお持ち帰りができます。
価格はどちらも1杯、ホットコーヒー、アイスコーヒー共に259円(税込)です。

 

当店の事業内容は。

事業所・お店にコーヒー豆を500g以上で配達致します。
当日の午前中のご注文であなた様の会社・お店まで、焼きたてのコーヒー豆を500g以上で、お届け致します。
このサービスは岡山市内限定です。
岡山市内といっても広大なので、「私のところはどうなのかな?」と思いましたら、
ご遠慮なく、お問い合わせください。(TEL・FAX 086-212-0670) 担当 瀬崎(せざき)

お届けのコーヒー豆の状態は。
豆のまま・挽き(粗挽き~細引き)まで、抽出器具に合わせた挽き具合で、お届け致します。
コーヒー豆の小分けも可能です。

コーヒーメーカーを無料貸出し(レンタル)致します。
お勤め先にコーヒーメーカーが無くても大丈夫です。
人数分に応じたコーヒーメーカーを、無料で貸し出ししています。
(但し、当店のコーヒー豆をご購入の場合に限ります。)

イベント用のコーヒーサービス。
各種展示会・学校のバザー・会議・お食事会・棟上げ・法要等、短期間のコーヒーメーカー貸し出しのご予約も、楽しみにお待ちしております。
コーヒーメーカーの設置から引き上げまで、お手間は一切お掛け致しません。
土曜日・日曜日・祝日でも、喜んでご希望のお時間にお届け致します。
(但しこのサービスは、ご予約優先です。日程によってはご予約不可能な場合もございますので、ご了承ください。)

コーヒー配達サービス。
会場でコーヒーを作る時間が無いあなた様におすすめです。
当店でドリップしたコーヒーを、保温ポットに入れてお届け致します。
ミルク・コップ・シュガー・スプーンも人数分付いて、1杯120円(税別)です。
詳しくは、お問い合わせください。(TEL 086-212-0670) 担当 瀬崎(せざき)

 

当コーヒーショップのこだわり

コーヒー豆は鮮度が命です。
珈琲工房サントスでは、コーヒー豆を生鮮食料品と考え、毎日必要量だけ焙煎しています。
大手コーヒーメーカーの様に、大量にコーヒー豆を焙煎し、在庫として持っていません。

当店のコーヒー豆の焙煎は、とにかくコーヒー豆の芯まで完全に火を通すことに神経を使っています。
「生焼け」の状態のコーヒー豆は、飲んだ後口に不快感を感じます。
完全に火を通すことによって、冷めても品質劣化の遅いコーヒーが出来上がります。

 

当店が選ばれている5つの理由を、どうぞご覧ください。

当店をご利用されて、うれしいお客様の声を、どうぞご覧ください。

ご近所のあなた様には当コーヒーショップ迄の地図を、どうぞご覧ください。

どうぞ当コーヒーショップに、お立ち寄りください。

 

あなた様に、ご不便をお掛けする場合があります。

コーヒー豆の焙煎は現在に至るまでいろいろと試行錯誤をしています。
なんとか実感として「これなら!!」という所まで来ていますが、農作物相手ですので日々、焙煎技術の向上に励んでいます。

ダンパー
ダンパー

コーヒー豆の焙煎の極めて重要な「ダンパー操作。」
このダンパー操作が、コーヒー豆の香味付けの要因となっています。

 

ダンパー操作・ニュートラルを探す
ダンパー操作・ニュートラルを探す

ご来店のあなた様には、店主のこの様な場面に遭遇するときも有ると思います。

この場面(写真)は、店主が「ダンパー」を操作しているきです。
とても神経を使います。
ダンパーを毎回、焙煎工程で、ミリ単位の調整をしています。
コーヒー豆が焼き上がるまでに、ダンパーの設定を何度も何度も確認します。

ダンパー調整がずれて味付けの許容範囲を超えてしまうと、コーヒー豆の焙煎失敗となってしまいます。

コーヒーショップでは、営業時間中でもコーヒー豆の焙煎をする場合がありますので、あなた様がご来店の際に、「なかなかこちらに振り向いてくれない!」と感じましたら、大抵は焙煎工程の重要な局面なので、お待たせして申し訳ございません。

また焙煎中は、頻繁に接客を中座してしまうことも有り、重ねてお詫び申し上げます。
特に「焼き上がり迄、後3分!!」のときは、とてもお待たせしてしまうことも多々あります。

可能な限り、あなた様に快適にお買い物をしていただける様に努めます。
ご不便をお掛け致しますが、どうぞご了承ください。

 

小さなお子様連れでご来店されても大丈夫です。

店内のおもちゃ
店内のおもちゃ。

店内には多くは有りませんが、お子様が退屈にならないための「おもちゃ」を置いています。
この「おもちゃ」が相手をしてくれますので、ごゆっくりとコーヒー豆をお選びください。

 

 

 

所在地:岡山県岡山市北区富田531-2
TEL:(086)212-0670
営業時間 平日・土曜日 9時~18時30分迄 日・祝日 11時~17時迄
定休日 水曜日 (不定休で、日・祝)
臨時休業・急な営業時間変更は、可能な限りホームページにご案内しています。

 

 

ぜひ読んで欲しい日記です。
コーヒー豆は後でブレンド/業務用コーヒー豆

2018-05-09