切れ味抜群!!|スイス製・ディッティングコーヒーグラインダー

コーヒー豆を挽くコーヒーミルは、刃が大変重要なコトはもうご存じですよね。

 

コーヒーグラインダー
コーヒーグラインダー

切れ味抜群のコーヒーグラインダーです。

コーヒーミルにも、いろいろあります。
特にどんな刃を使ってコーヒー豆を挽くのか?
と、いうことになります。

当店のコーヒーグラインダーの刃は、カッティング方式によって コーヒー豆を切る様に挽いていきます。
「コーヒー豆を挽く器具は、ミルか、グラインダーと呼ばれています。」

カッティング方式は幾つもの刃が刻まれた2枚の円盤を向かい合わせに回転させ、 刃と刃の間でコーヒー豆を切る様に挽いていきます。
コーヒー豆を挽くときに出る摩擦熱も、かなり抑えられる構造になっています。

当店では、摩擦熱の少ないカッティング方式のコーヒーグラインダーを採用しています。
使用しているのは、スイス製・ディッティング社のコーヒーグラインダーで、エスプレッソ用にも挽けます。

 

グラインダーの刃を、定期的にメンテナンスをしています。

コーヒーグラインダーの刃は消耗品です。 コーヒー豆を挽いている間に、刃は摩耗していきます。
当店では定期的に、グラインダーの刃を交換しています。

 

摩耗している刃
摩耗している刃
替刃
替刃

左側)古い刃。 右側)新しい刃。
左側)古い刃。 右側)新しい刃。

古い刃は、磨り減っているのがお判かりになると思います。
刃が磨り減ってくると、コーヒー粉の微分が多くなり、コーヒーの香味に影響してきます。
新しい刃は、刃先が鋭いですね。

 

替刃
替刃

 コーヒーグラインダーの刃とコーヒーミル本体を、消毒用アルコールでピカピカにして 取り付けます。
こちらは、上の刃です。

 

替刃
替刃

こちらはコーヒーグラインダーの、下の刃です。

 

定期的なコーヒーグラインダーの刃のメンテナンスによって、 いつも同じ品質でコーヒー豆を挽ける様に、切れ具合を維持しています。

 

 

ぜひ読んで欲しい日記です。
10分の作業でコーヒー豆の品質安定

 

2018-03-21

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください