玉野市宇野~下津井|メバルサビキ|2015年1月 

極寒の中でメバルサビキ釣行

 

曇り空
曇り空

 

2015年の釣行日記です。
少し古いですが、メバル釣りが大好きなあなた様のお役に立てればと幸いです。

では、どうぞ。

 

****************************************************************

 

今日は、過日なんとか確定申告準備が滞りなく済み、税理士先生迄、お届けすることができました。

大変な作業でした。

(たいして大変でもなく、ややこしい仕分けが有るでも無く、 普通の作業なんですが・・・。)

多分、1年に1回するから大変だと思うのでしょう。

ひとまず自分へのご褒美として、素敵なプレゼントをしました。

朝7時出船で、メバルサビキに、行ってきました。

今回、お世話になった遊漁船は、フィッシングガイド かわい さんです。

*******

先回、しまなみメバルサビキ爆釣に気を良くして、ここ地元岡山、宇野~下津井へ2匹目のドジョウ??
いや2匹目のメバル爆釣を期待しての釣行。

雨が降った後のお天気急降下で、どうなることかと思いましたが、最低気温3度、最高6度のかなり寒い中での釣り。

幸いなことに、風は2~3mと、救われました。

*****

スタートは、玉野市宇野港から5分程の釣り場。

ここで、いきなり3連がけ!!

おおーーー。

これは行けるかと思いましたが、以降、激渋・・・。

ポイントを、下津井は瀬戸大橋付近を釣るも、ここも激渋・・・。

潮は、小潮なので釣りやすいですが、なにせ、アタリがない。

いろいろ工夫はしてみたものの激渋。

1時間に1匹のペースで釣れます。

まだまだ、下手ですねぇ。

*****

私は、先回のしまなみメバルサピキは、人生初。

なので、先回と同じ失敗をしないように、手返し作業を研究しての釣行です。

おかげで、8本針仕掛けには、かなりなれました。

途中、カッパ背中部分に掛かって、泣いてしまいましたが・・・。

船長に、助けてもらいました。

*******

かわい船長にいろいろと「しまなみ」と「下津井、宇野」の魚・釣り方・サビキの違いを教えていただきました。

もう魚だけに、「目からウロコ」でした。

私の知らないことだらけ。

釣り雑誌には、書いてないことを、いっぱい教えていただきました。

サビキに関しては、やはり8本針。

そして、ご当地仕様の「サバ皮」が良いようです。

釣れているときは、あまり仕掛けは考えなくて良いようですが、激渋のときは、船長推奨のサビキがお勧めです。

釣り方も違います。

下津井で、しまなみの釣り方をしていては釣果が上がりません。

船長の教えていただいた通りにします。

すると当たりも有るし、釣れる様になります。

知らないことは、どんどん質問するといろいろと教えてくださる、とても良い船長です。

******

納竿まで、後15分。

ここまでの釣果は、12匹ととても貧打戦で、メバル船釣り釣行としては、もはや引退か???

と、覚悟を決めて、ラスト5分。

この1流しで、メバルサイズの逆転打です。

ここまで釣れても、18Cm迄(数を言わないで)と、今一だったのが、最後の日比港沖で、快心の当たり!!!

今までの当たりと違います。

当たりは小さいですが、魚の締込みが違います。

「これは大きいぞ」と、確信しても、直ぐには仕掛けを上げず、2連~3連と連掛を狙います。

1匹掛かると、リールを2回転。

また、1匹掛かると、リールを2回転。

で、どんどん巻き上げて、もう掛からないかなぁ~~と、思ったところで、仕掛けを上げるのでずが・・・。

これが重たすぎて、なかなか上がりません。

釣りをしたことのある方はわかると思いますが、仕掛けがロープや、ゴミ袋を掛けたような重さです。

そのような重さに、メバルの引きが伝わってきます。

思わず、ハリス0.8号ラインの行く末を心配してしまいました。
(道糸は、PEラインなので大丈夫)

慎重に、上げていくと、これまた初体験。

リールのドラグが、ジー、ジーと鳴り始めます。

・・・。

一瞬うすら笑と、冷や汗がでました。

これは、まずいと、直ぐドラグ調整をして、
慎重に魚とやり取り。

やり取りと、いってもメバルだから大したことはありません。

私のドラグ設定が、甘かっただけです。

で、なんとか1匹目のお顔を拝めました。

「なんか、でかいわ。今までと違うわ・・」

続いて2匹目登場!!

「こっちの方が、もっとデカイ・・」

続いて3匹目。

「おいおい、こんなのが3匹か!!」

が、まだ、連がけで連れています。

4匹目。

ほぼ今までと同サイズ。

仕掛けが、かなり重たいです。

もう、腕がパンパンです。

リールのドラグは、調整したので大丈夫なのですが、ここまで大きいのが掛かると、やはりハリスが心配です。

なんとか、やりとりして、抜き上げることに成功しました。

バレなくて良かったです。

釣れたのは、これです。

 

メバル

 

28Cm位です。

「尺メバル」と迄は、いきませんでしたが、私の人生初の巨大メバルでした。

船長の言う通りにすれば、釣れますねぇ。

最後の魚の棚合わせは、バッチリでした。

日々港沖にも、いますね、良型メバルが。

私は、日々港では、良い思い出はありません。

*****

さて、ご褒美は、終わりました。

明日から、馬車の様に働くことができる
とても良い休日でした。

ぜひ読んで欲しい日記です。
半夜メバル釣り|シロウオ|2018年3月

2018-03-27

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください