半夜メバル|高松沖~小槌島~直島|2017-05-28


5月は半夜メバルでも思いがけない魚との出会いが!!

 

5月後半の28日に香川県は高松沖迄、今が旬の半夜メバルに釣行してきました。
今が旬ということなので、メバル釣りが大好きなあなた様だと、きっと毎週の様に釣行されている
ことでしょう。

メバルは今が旬なので大きさも良型が釣れ易く、身体も厚みが有ります。
そしてメバルが掛かったときの引き堪えは、とても面白いものが有り楽しめます。

 

岡山県玉野市宇野沖

 

今回の半夜メバル釣り釣行も、いつも利用させていただいている
「フィッシングガイドかわい」さんです。
解らないことはいつも親切丁寧に教えてくださる河合船長の遊魚船です。

19時になりました。

では、出船です。

 

岡山県玉野市宇野沖

 

もう5月も後半になれば日没も遅くなり、外気温も高くなり過ごしやすくなってきました。
夜の海上の外気温はというと。
22時位までは防寒着が無くても大丈夫なのですが、22時を過ぎると肌寒くなってきますので
防寒着が必要ですね。
それとやはり船のポイント移動時も、寒いのでやはり防寒着は有った方が良いです。
まだこの時期でも防寒着が有れば、快適に過ごせますからね。

防寒着が無くても、なんとか過ごせますが、肌寒さの我慢大会になってしまいます。(苦笑

 

潮汐表
潮汐表

 

当日の香川県男木島の潮汐表です。

19時出船で、ポイント到着は19時30分ごろです。

今回は潮止まりが無いので、いつも魚の餌が流れている潮加減です。

 

フィッシングガイドかわいさん

 

風も波も無く、快適な釣行日です。

 

大槌島と瀬戸大橋

大槌島と瀬戸大橋

 

今回の半夜メバル釣りのポイントは、この写真の周辺です。

公の場で詳しいポイントは書くことができいので、お察しください。
当店に、ご来店の際にでも聞いてやってください。

今回のポイントは大まかに「大槌島~小槌島」周辺です。

 

大槌島・小槌島はいずれも無人島で、島全体が独立峰の島です。
2島は「槌ノ戸瀬戸」とよばれ、本州と四国が最も接近した海域にあることで、古くから良い漁場として知られてきました。
そのため漁場争いにまつわる「樽流し伝説」などが、大槌島には残っています。
また、瀬戸内海のサンセットクルージングのコースになるほどの美しい景勝の海域でもあります。

【樽流し伝説】

大槌島周辺は鯛や鰆の好漁場だったため、江戸時代には高松藩と備前藩の境界争いが
絶えませんでした。 そこで樽流しによって決着したという伝説があります。

今回は、とても良い漁場での釣りです。

 

ダイワ・小継飛竜

 

今回の竿は、ダイワ小継飛竜の2号を使いました。写真は、1号です。先径は0.8mmです。
かなり柔らかいですよ。

 

では、釣果です。

水温も高くなり、今回のポイントは真鯛などもよく釣れます。

外道が真鯛だと、とても嬉しいですね。

真鯛は、季節が終わっていますが、終わつていても美味です。

普段、真鯛を食べていないからでしょうか。

 

真鯛は30Cm位になると、とても強烈な引きで、楽しめます。

リールのドラグは調整済み、ハリスは1.2号なので安心して真鯛とのやり取りを楽しめます。

これがハリス0.8号だと、ヒヤヒヤします。

 

釣果

 

黒鯛も、釣れました。

黒鯛も、季節が終わっています。

が、美味かったです。

 

黒鯛・真鯛

 

メバルも良く釣れています。

梅雨メバルです。

梅雨明けまでが勝負です。

では、また。

 

 

ぜひ読んで欲しい日記です。
半夜釣り|台風と海水温

 

2017-06-21


コメントを残す