黄金桃の時期と食べごろと食べ方|ジューシーな甘さ|値段は?


これは甘い!!初秋の味覚の黄金桃は、今が旬の時期です。

 

今回の、今が果物は!!!

黄金桃を妻の実家から、いただきました。
妻の実家は、桃栽培のプロ中のプロなので毎年格別な「」をいただいています。
我が家の食べ盛りの子供達にも大変好評で、私に至っては「黄金桃・野菜スムージー」にして飲んでいます。

今回いただいた黄金桃は、少し「スレ傷」などが付いた黄金桃です。
スレ傷などは付いていますが、市場に流通している黄金桃とは何の遜色も有りません。
解りやすく言うと、市場に出回らない曲がった規格外の胡瓜といったところ物です。

写真をご覧ください。
初夏に市場に出回るとは違って、肌の色が黄金色なのが特長です。

黄金桃
黄金桃

黄金桃を大きく撮影してみると。
黄金桃には産毛が生えていて、とても色艶が良いですね。
小売店で鮮度の良い状態の黄金桃を選ぶときは、この写真の様な黄金桃をおすすめします。

桃の実を、ウィキペディアで調べてみました。

[編集]

7月から8月に実る。「桃の実」は秋の季語。球形で縦に割れているのが特徴的。果実は赤みがかった白色の薄い皮に包まれている。果肉は水分を多く含んで柔らかい。水分や糖分、カリウムなどを多く含んでいる。栽培中、病害虫に侵されやすい果物であるため、袋をかけて保護しなければならない手間の掛かる作物である。また、痛みやすく収穫後すぐに軟らかくなるため、賞味期間も短い。生食する他、ジュース(ネクター)や、シロップ漬けにした缶詰も良く見られる。

食用の品種(実桃)の分類を以下に示す。

水蜜(すいみつ)種
一般的な桃。果肉の色は、白色系、黄色系、赤・ピンク系など。皮には柔らかい毛が生えている。

白桃(はくとう)・白鳳(はくほう)系
現在、日本の市場に多く出回っている品種は、「白桃(はくとう)」系と「白鳳(はくほう)」系の桃である。
「あかつき」「暁星」「明星」「ゆうぞら」「川中島白桃」「清水白桃」「まどか」「ちよひめ」「みさかっ娘」、冬に実が熟す「名月」などの品種がある。
※白鳳系は自家受粉により一本でも着果するが、白桃系は異品種との混植を行わないと着果しない。(「清水白桃」は白鳳系なので一本でも着果する[5]
黄桃(おうとう)系
果肉が黄色い桃。缶詰に加工され出回ることが多い。近年、生食用の黄桃「黄金桃(おうごんとう)」「ゴールデンピーチ」の出荷、販売が多くなっている。

なるほどですね。
でも黄金桃のことは、あまり詳しく書いてありません。(残念・・・
それほど黄金桃の情報量が少ないということなのでしょう。

まぁの品種で有名な、白麗・紅清水・清水白桃にと、桃産地としては儲かる品種にもっと力を入れていますから。
それにはとても高価なので、お中元からお盆時期に売上増を狙っているJAと生産農家さんですからね。
お中元時期にの価格帯8000円は、あなた様の想像以上に売れています。
でも、お盆を過ぎて出回る黄金桃に、1箱8000円の需要はとても少なくなります。
ここ岡山県内では、特に黄金桃の需要は少ないでしょう。

あ、でも可処分所得の多い関東圏の方たちには良く売れるかもしれませんね。
でも自宅用に黄金桃1箱8000円をスパッと出せる可処分所得のご家庭は限られているので、あまり商業的な旨味を得ないのでしょう。
商業的な旨味を得ないということなので流通量は生産地だのみになり、黄金桃好きな消費者の手元にまで
なかなか行き渡らないのは仕方ありません。

 

黄金桃の家庭向けの価格・値段は??

 

岡山市内の小売店では、黄金桃2個入り300円~400円位です。
但し、黄金桃の規格は小玉の可能性が有ります。
黄金桃の大玉は、もっと高値で購入していただける都心の高級果・高級料亭に流れます。

ウィキペディアに記載してある黄金系桃の情報をご覧ください。

黄金桃は「缶詰に加工され出回ることが多い。」と、ありますよね。
つまり産地の黄金桃の供給過剰で、黄金桃の消費先が無いということなのです。
もう高値で黄金桃が売れるお中元時期も終わっています。
黄金桃はとても美味しいのに、残念です。

黄金桃が缶詰に変身すると、価格・値段は格段と安くなります。
の缶詰は、あなた様も食べたことがあると思います。
缶詰の商品表示にも記載してありますね。
白桃か、黄桃か。
そうですね。
黄桃が、黄金桃なのです。

この様に様々な理由が有り、市場に出回る流通量が少ない黄金桃
幸運にもあなた様のお目にとまったなら、ぜひご購入をおすすめします。
黄金桃の時期・旬はとても短いです。
黄金桃の、一口ひとくちを噛み締めて味わってください。

では我が家でも妻の実家からいただいた黄金桃を、感謝の気持ちを込めて食してみます。

 

黄金桃の食べごろ食べ方は??

 

私の黄金桃のおすすめの食べ方は、
「完熟の黄金桃を冷蔵庫で冷たく冷やして、包丁で皮を向いて食べる。」

この食べ方が黄金桃を一番美味しく食べることができます。
後は黄金桃のシロップ漬けなどが有りますが、シロップ漬けは缶詰で十分ではないでしょうか。
旬の今の時期しか食べられない黄金桃は、生のまま新鮮でジューシーな味を楽しんでください。

 

黄金桃
黄金桃

 

では黄金桃を、冷蔵庫で冷やして完熟状態になった頃に、包丁で切ってみます。
黄金桃食べごろは、触ってみて「少し柔らかくなったかな?」この位が良いと思います。(我が家ではです。)

黄金桃の皮の剥き方は??。

 

 

包丁で黄金桃の皮に薄く切れ目を入れて、切れた黄金桃の皮を親指でつまんで少し皮を剥いてください。
黄金桃が完熟だと、皮が快適に抵抗なく剥けます。
黄金桃の皮が快適に剥けないと、まだまだ黄金桃の果肉の硬い箇所が有る証拠です。
でも黄金桃の実が固くても、別の食感が楽しめますからどうぞ残念がらずに食してください。
だってもう黄金桃の皮を剥き始めると、後戻りはできませんから。(笑
黄金桃は成熟具合で固目、柔らか目と、様々な黄金桃の味の違いを楽しむことができます。

黄金桃
黄金桃を切ってみました。

 

黄金桃に包丁を入れてみて皮を剥いてみます。
黄金桃の皮がスーッと抵抗なく剥けたので、完熟状態になっています。
黄金桃が完熟状態なのを確かめるだけで、口の中は唾液が出てきます。(笑
もうパブロフの犬状態です。

黄金桃を器に盛り付けます。
黄金桃の切り口がとても綺麗で、鮮やかな黄金色です。

黄金桃を食べてみます。
黄金桃の中心(種)に近づく程、甘酸っぱさを感じます。
黄金桃の皮の直ぐ下側の果肉は、缶詰の黄金桃と同等の以上の甘さです。(解り易い表現でしょう。)
黄金桃が完熟で無くても、食感はカリコリ感で甘酸っぱい味を楽しめます。

黄金桃・野菜グリーンスムージー
黄金桃・野菜グリーンスムージー

 

次に黄金桃をグリーンスムージーにしてみました。

レシピは。
黄金桃 1個。
小松菜。
人参。
なすび。
大葉。
ニラ。
キャベツ。
ピーマン。
全ての材料の分量は適当です。

クリーミーな出来上がりで美味しそうです。

黄金桃・野菜グリーンスムージー
黄金桃・野菜グリーンスムージー

 

側面から見ると、食物繊維が多く残っているのが判ります。

では、飲んでみます。
とっても甘いです。
もうこれは甘すぎです。
黄金桃1個は多いかもしれません。
黄金桃甘さのおかげで、野菜の香味はまったくしません。

黄金桃時期は、とても短いです。
どうぞ黄金桃をお楽しみください。

 

2016-09-09

 


コメントを残す