コーヒー豆の賞味期限

コーヒー豆の賞味期限

コーヒー豆の賞味期限は・・・・・。

 

コーヒー豆の賞味期限は。
豆のままなら、冷蔵保存で2ヶ月です。
粉にしたなら、冷蔵保存で1ヶ月です。

豆のままなら、冷凍保存で3ヶ月です。
粉にしたなら、冷蔵保存で2ヶ月です。

なのですが。
賞味期限は、全てあなた様の保存環境に左右されます。

冷蔵庫、冷凍庫の中が、あまり食材が多くないのが一番、冷蔵冷凍能力が増します。
だから食材が沢山詰まった冷蔵、冷凍庫だと、必然的に賞味期限は短くなります。

 

なぜ低温保存がコーヒー豆にとって良いのか。

 

只今のところ、コーヒーの賞味期限は、とてもあいまいです。
全てのコーヒー焙煎メーカーが一様にして、「これだ!」という賞味期限表記にはしていません。

スーパーなどの小売店、またデパートなどで、いろいろと表記を見てみると。
コーヒー豆の賞味期限の長い物で1年、イスタントコーヒーだと、もっと長いです。
これらのコーヒーは、全て大手焙煎メーカーの商品です。

店頭で、陳列販売されている商品状態は、ほとんどがコーヒー粉の状態で販売されています。

少しコーヒーの知識を持っている人から見ると、この賞味期限の表示には驚きですよね。

スーパー等の流通形態から考えると仕方がないのかもしれません。
が、これではコーヒーの正しいコトが伝わらないので、コーヒー業界に携わる方々の普及活動が必要です。

では正しいと考えられている賞味期限は。

 

当店が考えているコーヒーの賞味期限は、生鮮食料品と同じ考え方です。

 

理由は。

コーヒー豆は、焙煎という乾煎りをするために、「火」を使用します。
このために生豆の段階よりも、もっと早く「脂質の酸化」が進む様になります。

更にコーヒー粉にしてしまえば、酸素に触れる表面積が増えるので
もっともっと早く脂質の酸化が進む様になります。

当店では、コーヒー豆は生鮮食料品と考えています。
とにかくコーヒーは、鮮度重視です。

きっと多くの自家焙煎コーヒー豆専門店もこの考え方のはずです。

鮮度重視ということは、「可能な限り、早く飲んでください」ということです。

当店がおすすめしているのは、「コーヒー粉にしてしまった物は、当日中には使って欲しい」と、お願いしています。
が、これは現実的では無い場合も、有りますよね。

なのでコーヒー粉にしてしまった物は。
「味は変わっていくけれども、なるべく2週間程で飲んでください」と、お伝えしています。
豆の状態だと粉よりも、脂質の酸化速度は遅いのですが、それでも1ヶ月程度では飲んでください。

 

特に夏場の高温期は「脂質の酸化」が非常に速く進みます。

だから低温暗室の冷蔵庫に保存容器に入れて保管をお願いしています。

コーヒー豆の保存缶の説明を書いています。