TOP
ログイン
カート
問い合わせ
オンラインショップについての
お知らせ

数量限定 おすすめ

コスタリカ カルタゴ州 アキアレス地区(100g)

テイストテイスト(味わい・風味)
【味を想像してください】
ブルーベリーやレーズンのような余韻があります。

ドライフルーツのブラック・レーズンを食べて、余韻を味わうとわかりますよ。
焙煎士オススメの飲み方焙煎士オススメの飲み方 / 抽出方法
【淹れるお湯の温度】
85~88℃くらい » 味がきれいになり、レーズンの余韻が味わえます。

90~93℃くらい »ほろ苦さが出るようになります。温度が高いほど、苦味が強くなります。


お湯の温度は嗜好で決まる


注ぐお湯の温度には、正解がありません。

温度は嗜好によります。嗜好は、食べてきたものや年令により決まります。

好みのお湯の温度を探していきましょう。


香りを保ちましょう


味わいを長持ちさせたいのでしたら、小まめに買いましょう。

100gから販売していますから、香りの良いコーヒーが飲み続けられます。
コーヒーチャート
味わいをグラフでお確かめください
酸味
甘味
苦味
香り
コク
濃厚
お買い物ガイドはこちら
coffee

コスタリカ カルタゴ州 アキアレス地区(100g) 商品コード:CS273

【 販売価格 】¥508(税込)
在庫状態 : 売り切れ
商品オプションをお選びください
挽きの指定
『 コスタリカ カルタゴ州 アキアレス地区(100g) 』は在庫を切らしております。
挽き具合の調整もお受けいたします

生産地の特長

» コスタリカ カルタゴ州 アキアレス地区の産地情報をお伝えします。

アキアレス農園は国のほぼ真ん中にある首都San Jose から南東に約60km、車で1.5時間ほどの山あいの場所に位置する、カルタゴ州トリアルバ、アキアレス地区にございます。


農園総面積は924HA。うち、660HA(約東京ドーム141個)にコーヒーが育てられており、残りは自然保護区域として整備されており、収穫期には最大1,500名ものスタッフが動員され、総収穫数量は18,000袋を誇ります。

コーヒー農園自体は、標高900m~1,350mの斜面一体に広がっていますが、日本向けに入荷するロットは、標高1,200m以上の区画のみに厳選してお届けしております。

美しい自然風景と、地域に支えられる暖かな雰囲気が、農園全体を覆っております。

豊富な湧き水はコーヒーの木々に潤沢な灌漑水を提供、コーヒーの精選工程で発生する汚水や生活廃水もきちんと浄化され還元されており、まさに「水と生きる農園」と言っても決して過言ではございません。


農園内の105haは熱帯雨林に覆われており、2003/2004年産からという非常に早い時期よりRA認証を取得。

2012年にはRA農園の中でも森林破壊や農業生態系の破壊を防ぐことに努め、地域の環境や気候に対して特に配慮している農園に認められるRainforest Alliance Climate Module(Friendly)認証をコスタリカで初めて取得しました。

兼松株式会社 様 より引用


産地情報

地域 : コスタリカ カルタゴ州 トリアルバ アキアレス地区

認証 : RA認証
規格 : SHB EP
業態 : エステート

品種 : カツーラ、カツアイ、カティモール
標高 : 1,200~1,350m
栽培面積 : 660ha

生産量 : 18,000袋
収穫期 : 10月~3月
スクリーン : 16up

加工方法 : ウォッシュド
乾燥方法 : 天日・機械乾燥併用
クロップ年度 : 20/21クロップ

保管方法 : 定温倉庫

定温倉庫でコーヒー成分の減少を防ぐ
仕入先が委託している倉庫では、季節に応じて温度や湿度の管理をおこないます。

コーヒー豆は、15℃に設定された定温倉庫で保管され、コーヒー成分の減少を抑えています。

コーヒー成分が保たれていると、3年前に収穫されたコーヒーを飲んでも、味わいの少なさを感じさせません。

もっとも成分だけで言えば新穀は多く、年数が経つにつれ減少します。
次回の販売は未定です
さまざまなスタイルのコーヒーを生産している「コスタリカ」。コスタリカのコーヒー豆は、年間をとおして流通しています。

けれども珈琲工房サントスでは、良い状態のコーヒー豆しか扱わない方針です。

次回、商社から入荷情報があっても、販売するかどうかは定かではありません。

次回も品質がよければ販売します。

焙煎とコーヒー生豆材料のこだわりポイント

ブルーベリーやレーズンのようなコクを楽しめるのが、コスタリカ カルタゴ州 アキアレス地区のコーヒー。


カツーラとカツアイ、それからカティモールが このコーヒーの品種。

カティモールがブレンドされていると、ほろ苦さが出るようになります。カツーラが持つチョコ感とスカティモールの苦いコクを焙煎により引き出しています。


中煎りに焙煎し、やわらかいスッキリとした味わいを出しています。