TOP
ログイン
カート
問い合わせ

NEW 数量限定 おすすめ

グァテマラ ジャスミン農園 ティピカ100%(100g)

テイストテイスト(味わい・風味)
【味を想像してください】
薄めに淹れると » 飲みすく、メープルシロップ感になる。

濃いめに淹れると » 飲みすく、ビターチョコ感が出る。

お湯の注ぎかたを工夫して、淹れわけてください。
焙煎士オススメの飲み方焙煎士オススメの飲み方 / 抽出方法
【淹れるお湯の温度】
82~85℃くらい »なめらかなコクが出ます。

90~93℃くらい » きれいな甘い酸が出ます。

冷めるにつれてなめらかな味わいになります。


お湯の温度は嗜好で決まる


注ぐお湯の温度には、正解がありません。

温度は嗜好によります。嗜好は、食べてきたものや年令により決まります。

好みのお湯の温度を探していきましょう。


香りを保ちましょう


味わいを長持ちさせたいのでしたら、小まめに買いましょう。

100gから販売していますから、香りの良いコーヒーが飲み続けられます。
コーヒーチャート
味わいをグラフでお確かめください
酸味
甘味
苦味
香り
コク
濃厚
お買い物ガイドはこちら
coffee

グァテマラ ジャスミン農園 ティピカ(100g) 商品コード:CS283

【 販売価格 】¥530(税込)
在庫状態 : 在庫有り
商品オプションをお選びください
挽きの指定
数量   
挽き具合の調整もお受けいたします

生産地の特長

» グァテマラ エスクィントラ県 ジャスミン農園の産地情報をお伝えします。

首都グアテマラシティから南へ30キロの距離にあるパカヤ火山。その麓にある、数少ない農園ジャスミン。ジャスミン・ティピカが入荷。


首都のグァテマラシティから南へ30㎞に位置するパカヤ火山。

その麓にあるジャスミン農園(スペイン語だとフィンカ・ハスミネス)パカヤ火山は現在も活発に活動しており2010年には大噴火を起こして、グァテマラシティまで火山灰が舞い降りた。

当然ジャスミン農園にも降ってコーヒーの木が火山灰だらけになったが、その後すぐに嵐が来て洗い流してくれたので農民は大喜び。


2018年には20㎞位しか離れていないアカテナンゴのフエゴ火山が噴火した。

火山噴火はその周辺に住んでいる人を恐怖に陥れ、しばしば人の財産や命までも奪ってしまうが、間接的にはその地域に富を還元してくれる。

火山灰土壌はミネラルを多く含み肥沃でコーヒー栽培に適しているし、風光明美な観光地や温泉も火山が提供してくれている。火山とともに生きる農園である。

アタカ通商(株) 様 より引用

産地情報

生産国:グァテマラ
地域:エスクィントラ県サンビセンテパカヤ
生産者:ジャスミン農園 
ジェームス&ダイロ・ドゥアルテ兄弟

クロップ:2020/2021
規格:SHB、EP

欠点規格:8/300g
スクリーン:スクリーン16アップ
木の品種:ティピカ

» その他
標高:1400-1600メートル・年間降雨量1800ミリ
100%サンドライ・シェードツリー
精製方法:フルウォッシュド

開花時期:2020年5月
収穫時期:2020年12月ー2021年3月
船積時期:2021年9月

保管方法:定温倉庫

定温倉庫でコーヒー成分の減少を防ぐ
仕入先が委託している倉庫では、季節に応じて温度や湿度の管理をおこないます。

コーヒー豆は、15℃に設定された定温倉庫で保管され、コーヒー成分の減少を抑えています。

コーヒー成分が保たれていると、3年前に収穫されたコーヒーを飲んでも、味わいの少なさを感じさせません。

もっとも成分だけで言えば新穀は多く、年数が経つにつれ減少します。
次回の販売は未定です
さまざまなスタイルのコーヒーを生産している「グァテマラ」。グァテマラのコーヒー豆は、年間をとおして流通しています。

けれども珈琲工房サントスでは、良い状態のコーヒー豆しか扱わない方針です。

次回、商社から入荷情報があっても、販売するかどうかは定かではありません。

次回も品質がよければ販売します。

焙煎とコーヒー生豆材料のこだわりポイント

きれいな酸を味わえるのが、ジャスミン農園のコーヒー。


ティピカ種は、透明感があり、透き澄みわたる味わいが特長。

欠点豆も少なく、生豆はサイズ16UPと大きい。脱穀研磨は均一で、高品質な状態でした。


深く焙煎すると、糖質と酸が過度に変化してしまいます。

きれいな酸を味わえるよう中煎りに焙煎しているので、あなたは なめらかなコクが味わえます。