TOP
ログイン
カート
問い合わせ
オンラインショップについての
お知らせ

数量限定 おすすめ

インドネシア バンリ県 メンガニ村(100g)

テイストテイスト(味わい・風味)
店主が試飲した感想と
淹れ方のアドバイス
中深煎りに焙煎しています。

少し濃い口で、スッキリした味わいです。熱いうちはほろ苦く、冷めるにつれてビターチョコのような甘さが表れます。

さらに、コーヒーが冷めていくと、ほろ甘さも捉えやすくなるでしょう。


このコーヒーの品種は『S759』。S759は、深煎り方向に焙煎すると、香ばしくなります。味わいは、ハイカカオ95%からカカオニブの味わいも表れます。


» アドバイス
85~88℃のお湯で淹れてみてください。ビターチョコ感が印象的で、質感もあります。

攪拌つまり、お湯をグルグル回しながら注ぐ回数を増やせば、さらに、ハイカカオ95%が表れます。ただし、コーヒー成分の出過ぎに注意してください。

渋みが出れば、抽出時間を3分から少しずつ縮めてください。店主は、2分30秒以内で注ぎ終わるようにしています。


お湯の温度を下げ過ぎると、塩味が出ます。94℃以上のお湯を注げば、金属味がするかもです。

どの温度でそのような味が感じるかは、ひとによります。金属味が好きな人もいます。

さまざまな抽出温度で試してくださいね。


» 店主が淹れた方法
・ドリッパー:KoNo(コーノ)
・フィルター:コーノ円すい シルキーペーパー

» 抽出の設定
・お湯の温度:85℃
・粉とお湯の比率は、1:15を採用
・粉10g:お湯150cc

» お湯の注ぎかた
・蒸らしは、しない
・お湯50ccを3回にわけて淹れる
・3回とも極細く淹れる
・3回とも落としきる

» 補足
ひとの脳が指示を出す動作を排除して、機械のように淹れています。人間がする動作がもっとも信用できないからです。(>_<。)

この『蒸らしなし・3回にわけて淹れる』方法で、コーヒーが持つ個性を確認しているのです。


» ハイカカオ95%の味を覚える
大型スーパーに行けば、チョコレート棚にハイカカオシリーズが陳列されていると思われます。

ハイカカオシリーズは、カカオ60%~95%まで並べられているでしょう。カカオ60%~95%をひと通り購入して食べてみてください。

食べて味わいながら、カカオ60%~95%の香味を覚えるといいですよ。

味わいを覚えると、インドネシアコーヒーの味わいが理解できたり、ほかのコーヒーの味もわかるようになりますよ。

人間の脳は、知らない情報を覚えるのが得意です。ぜひ、脳を活用して、カカオ60%~95%を覚えてくださいね。
コーヒーチャート
味わいをグラフでお確かめください
酸味
甘味
苦味
香り
コク
濃厚
お買い物ガイドはこちら

インドネシア バンリ県 メンガニ村 商品コード:CS311

【 販売価格 】¥508(税込)
在庫状態 : 売り切れ
商品オプションをお選びください
挽きの指定
『 インドネシア バンリ県 メンガニ村 』は在庫を切らしております。
挽き具合の調整もお受けいたします

生産地の特長

» インドネシア バンリ県 メンガニ村の産地情報をお伝えします。

インドネシアのバリ島の北部に位置するキンタマーニ高原にて、多くのコーヒー農園により生産されている『キンタマーニコーヒー』。

キンタマーニ高原は『バトゥール火山』に位置し、カルデラを持ちあわせいる火山として有名です。


今回ご紹介するのは、エカ・スワカリャ・ダルマ スバック(Eka Swakarya Darma Subak)に所属する8世帯の農家さんが作ったコーヒーです。

スバックを利用し8人の農家さんが作るコーヒー
何百年もまえからバリ島の農家さんは、スバック(Subak)と呼ばれる、水利組織を同じ水源を使用するメンバーで作っています。この水利組織は、水を大切に扱ってきました。

それぞれの農家さんは3~0.5ヘクタールの小さな農地のなか、ほかの農作物と一緒にコーヒーをていねいに栽培しています。

» スバックとは、何ですか?
バリ島に見られる伝統的な水利組合をスバック(バリ語:subak)と呼ばれています。現在のバリ島でもいたるところで形成されいるスバック。その数は約1,200にも及ぶ。


バンリ県 メンガニ村の地理の特異性3つ
・南緯8度前後のコーヒーベルトに位置する
・標高は1500mと高く、日中と夜の寒暖差が激しい
・土壌は火山灰地
この3つが影響して、コーヒー栽培に向いています。

そのうえ、豊かな自然も広がり、観光地「ウブド」から、北に約1時間ていどの場所にあるコーヒー農園。観光地「ウブド」があるおかけで、コーヒー好きな観光客も訪れる観光スポットなのです。

産地情報

生産地:バンリ県 キンタマーニ郡 メンガニ村
生産者:エカ・スワカリャ・ダルマの水利組合8人の農家さん
品種:S759

標高:1,500m
栽培:日陰で栽培
サイズ:16UP

精製:ウォッシュド
乾燥:天日乾燥 » 干し棚やビニールハウスを使用
クロップ年:2022年1月入港

保管方法:定温倉庫

定温倉庫でコーヒー成分の減少を防ぐ
仕入先が委託している倉庫では、季節に応じて温度や湿度の管理をおこないます。

コーヒー豆は、15℃に設定された定温倉庫で保管され、コーヒー成分の減少を抑えています。

コーヒー成分が保たれていると、3年前に収穫されたコーヒーを飲んでも、味わいの少なさを感じさせません。

もっとも成分だけで言えば新穀は多く、年数が経つにつれ減少します。
次回の販売は未定です
さまざまなスタイルのコーヒーを生産している「インドネシア」。インドネシアのコーヒー豆は、年間をとおして流通しています。

けれども珈琲工房サントスでは、良い状態のコーヒー豆しか扱わない方針です。

次回、商社から入荷情報があっても、販売するかどうかは定かではありません。

次回も品質がよければ販売します。

焙煎とコーヒー生豆材料のこだわりポイント

キャラメル想起させるほろ苦い甘味を楽しめるのが、インドネシア バンリ県 メンガニ村。

このコーヒーは、S759品種 のみで作られているからこその味わいです。独特のキャラメル感を楽しんでください。


香りを楽しみ、やわらかなほろ苦さも感じてもらうために、煎り止めポイントは中深煎りにしました。

コーヒー豆の個性を出すように、豆の芯まで火を通していますから、あなたはなめらかなキャラメルを楽しめますよ。