TOP
ログイン
カート
問い合わせ

数量限定 おすすめ

パプアニューギニア・Mt.ウィルヘルム (100g)

テイストテイスト(味わい・風味)
少し濃い口で、ほんのりとした甘みが楽しめます。
苦みはなく、柔らかい口当たりです。
焙煎士オススメの飲み方焙煎士オススメの飲み方 / 抽出方法
ほんのりとした甘みが楽しめるので、できれば何も入れずにブラックで飲まれることをオススメします。

ドリップのときは80度台後半の温度で開始。じっくりとドリップすれば、美味しいコーヒーです。

コーヒーの美味しい淹れ方の情報は、こちらをご覧ください。
酸味
甘味
苦味
香り
コク
濃厚
コーヒー豆

パプアニューギニア・Mt.ウィルヘルム (100g) 商品コード:CS228

【 販売価格 】¥486(税込)
在庫状態 : 売り切れ
商品オプションをお選びください
挽きの指定
『 パプアニューギニア・Mt.ウィルヘルム (100g) 』は在庫を切らしております。
挽き具合の調整もお受けいたします

生産地の特長

仕入先さんからの生産地情報です。


最後の秘境といわれる赤道直下のパプア・ニューギニア。この南太平洋に浮かぶ広大な島には、環太平洋火山帯に属し4000m級の山々が連なる。

この島な中心付近に位置するパプアニューギニア最高峰の山がウィルヘルム山(4509m)である。山頂には精霊の魂が集まるといわれる岩山が広がり、頂に立つ者は勇者として尊敬を集める。

3億年以上前から生き延びてきた大型のシダ(ヒカゲヘゴ)がうっそうと生え、それを覆うように熱帯の高地特有の雲霧林が広がる。

熱帯の美しいランが咲き、雲霧林には現地では勇者の象徴とされる極楽鳥バードオプパラダイスが舞う。

パブアニューギニアのバード・オプ・パラダイスは伝説の鳳凰・火の鳥のモデルとされている。

このコーヒーはフィニステラ山(4,120m)、ウイルヘレム山(4,508m)周辺の2ヶ所の豊かな高原地帯の1500m〜1900mでコーヒー生豆の生産と精製を行っています。

ほぼ赤道直下でありながら年間を通して涼しく、ミネラルが豊富な火山性の土壌、南太平洋の太陽、豊かな雨の恵みなどコーヒー栽培に必要な全てを満たし、香り豊かなコーヒーのチェリーが実ります。

焙煎とコーヒー生豆材料へのこだわりポイント

このコーヒーは濃い口の中に、ほんのりとした甘みを楽しめるように飲んでいただくことがポイント。

甘みにフォーカスしたほうが美味しいコーヒーなので、煎り止めポイントは、中深煎りです。長時間焙煎を避けて、豆の個性を出すようにテンポ良く豆の芯まで火を通していきます。

ティピカ品種独特の甘みが楽しめるのが、パプアニューギニア産の豆です。渋みを出さないように焙煎をするために、ダンパーの微調整をしながらの短時間焙煎をしています。