TOP
ログイン
カート
問い合わせ
重要なお知らせ

数量限定 おすすめ

ペルー カハマルカ県チリノス (100g)

テイストテイスト(味わい・風味)
【味を想像してください】
淹れる温度により、味わいが変わります。余韻にチョコ感のあるコクがあります。

とても飲みやすいので、何も入れないで飲むと美味しいコーヒーです。
焙煎士オススメの飲み方焙煎士オススメの飲み方 / 抽出方法
【淹れるお湯の温度】
85~88℃くらい » 質感があり、しっかりした味になります。

90~93℃くらい » 重みのあるチョコ感が出ます。


お湯の温度は嗜好で決まる


注ぐお湯の温度には、正解がありません。

温度は嗜好によります。嗜好は、食べてきたものや年令により決まります。

好みのお湯の温度を探していきましょう。


味が変わる要因


コーヒーの濃さ » お湯の量で変わる。

質感の増減 » お湯の投入回数と温度と攪拌で変わる。

成分の量 » 挽き具合や抽出時間の長短で変わる。
コーヒーチャート
味わいをグラフでお確かめください
酸味
甘味
苦味
香り
コク
濃厚
お買い物ガイドはこちら
ペルーコーヒー

ペルー カハマルカ県チリノス (100g) 商品コード:CS216

【 販売価格 】¥508(税込)
在庫状態 : 在庫有り
商品オプションをお選びください
挽きの指定
数量   
挽き具合の調整もお受けいたします

生産地の特長

» ペルー カハマルカ県 チリノスの産地情報をお伝えします。


[地勢・気候]
ペルーの国土は
・沿岸部のコスタ
(国土の約12%)
・高地のシエラ
(国土の約28%)
・アマゾン川流域のセルバ
(国土の約60%)
の、三つに分けられ、標高差は海抜0メートルから6786メートルまで。

気候は基本的には熱帯です。
標高の差や南北の差により各地域で大きな違いがある。


[生産状況]
かつてコーヒー農園のほとんどが大規模農園。が、1968年のペルー革命以降は細かく分割されてしまい、現在は小規模農家が全体の90%になっている。

アラビカコーヒーはおよそ20万戸の小規模農家が栽培していて、いずれも平均的な農園サイズは5エーカーほど。ほとんどの小規模農家は協同組合に加入している。

栽培品種は
・ティピカ
・ブルボン
・カツーラ
・パチェ
があり、収穫は、4月から9月にかけて行なわれる。


[主要生産地]
・チャンチャマイヨ
・フニン
・クスコ
・パスコ
・ピウラ
コーヒーはアンデス山脈の東斜面全体で栽培されている。


主要産地は3か所あり、数量・品質ともに優れているのが全体の30%を占める東斜面中央のチャンチャマイヨです。
・山脈北部が21%
・クスコ地区が18%

アタカ通商㈱ 様 より引用


産地情報

生産国 ペルー 
地 域 カハマルカ県チリノス

» 生産者は8名
フロレンティーノ、ガブルエル、リノ、グラシエラ、ドミンゴ、マルコス、ゴンザロ、サントス

クロップ 2019/2020
規格 ペルースペシャルティー
欠点規格 5/300g
スクリーン 15アップ

木の品種 カスティージャ、ティピカ、パチェ、カツーラ、カチモール

» その他
標高1750-1900メートル
降水量800-1000ミリ

» シェード サンドライ、バナナ・アボガドによる

精製方法 フルウォッシュド、ウェットファーメンテーション26時間

開花時期 2019年10月-2020年1月
収穫時期 2020年7月-9月
船積時期 2020年12月
保管方法 定温倉庫

定温倉庫でコーヒー成分の減少を防ぐ
仕入先が委託している倉庫では、季節に応じて温度や湿度の管理をおこないます。

コーヒー豆は、15℃に設定された定温倉庫で保管され、コーヒー成分の減少を抑えています。

コーヒー成分が保たれていると、3年前に収穫されたコーヒーを飲んでも、味わいの少なさを感じさせません。

もっとも成分だけで言えば新穀は多く、年数が経つにつれ減少します。
次回の販売は未定です
さまざまなスタイルのコーヒーを生産している「ペルー」。ペルーコーヒー豆は、年間をとおして流通しています。

けれども珈琲工房サントスでは、良い状態のコーヒー豆しか扱わない方針です。

次回、商社から入荷情報があっても、販売するかどうかは定かではありません。

次回も品質がよければ販売します。

焙煎とコーヒー生豆材料のこだわりポイント

チョコ感のあるコクを味わえるのが、ペルー カハマルカ県 チリノスのコーヒー。


品種は、カスティージャ、ティピカ、パチェ、カツーラ、カチモールの5つのコーヒー品種が混ざっています。

現地で分別なく収穫されているからです。

コーヒー品種が5つ混ざっていても、調和がとれた味わいになっています。


生豆は欠点豆が少ないです。脱穀研磨も均一で、高品質な状態でした。


このコーヒーは、深く焙煎すると、糖質と酸が過度に変化します。

しっかりしたコクを味わえるよう中煎りに焙煎しているので、あなたは 余韻にチョコ感を味わえます。