お知らせ, 当店のおすすめ珈琲豆について

お好みのコーヒー豆の選び方

2018.11.07 更新 | 2018.03.21 公開

当店のコーヒー豆の香味の選び方

「コーヒー豆の種類が沢山ありすぎて、いったいどれが私の口に合うかなぁ?」

私が「さぁ、どのコーヒーが良いですか?選んでくださいね。」と、あなた様に言っても珈琲工房サントスで取り扱っているコーヒー豆だけでも、約20銘柄ほど有ります。私がコーヒー初めて選ぶ立場だとしてら、どれを選べば良いのか、私でも迷ってします。(笑

そこで少しでもあなた様のコーヒー選びのご参考になればと思い、このページでご案内しますね。


当店を初めてご利用される方にお薦めするのは。

  • スペシャルブレンド
  • 桃太郎ブレンド
  • ゴールデンブレンド
おすすめしたコーヒーは、どの香味特性も少し飲みやすい~すっきり濃い口までと、当店一番の売れ筋また万人受けする様にブレンドしてあります。ですからあなた様のお好みの味を見つけるためには、この辺りのコーヒーから始めてみるのが、私は良いと思います。
あなた様がストレート、単品のコーヒー豆にご興味が有りましたら、それから初めて見ることも良いですね。

そしてコーヒーを飲んでみて、もう少し濃いのが良い。もう少し飲みやすいのが良いといったコトを、実感していただければ、とても嬉しいです。そして次に飲んでみたコーヒーの味と比べて、別のを探してみることも、お薦めしています。


そしてコーヒー粉の挽き具合も大切です。

コーヒー粉の挽き具合を変えると、味も変わってきます。特にコーヒー液の濃淡に影響してきます。この挽き具合を変えることでだけでも、味の変化が楽しめますからおすすめです。またコーヒー豆の分量、抽出のドリップスピードによっても味は変わっていきます。

コーヒーの色んな味を試してみてください。

あなた様に合うコーヒーの味は、必ず有ります。
ブレンドコーヒーは、ひとつ1つの豆の焙煎度合いとブレンド割合を変え、ストレートコーヒーよりも美味しくなる様に作って有ります。ストレート(シングル・単品)コーヒーは、豆の素性を最大限に生かして自家焙煎しています。当店のコーヒーは冷めても美味しく、酸味・雑味を感じることは少ないです。

なぜでしょうか?
酸味・雑味を感じることが少ないのは、コーヒー豆の芯まで完全に焙煎されているからなのです。冷めてしまったコーヒーで酸味・雑味を感じるのは、完全に焙煎されていない、いわゆる芯残りのコーヒー豆なのです。

コーヒー豆の香味は、下記をご参考にしてください。



口当たりの優しい飲みやすいコーヒー。
特長
柔らかな味でミルクや砂糖も入れないで飲むのが良いです。
  • モカブレンド カフェイン
  • ブラジル マカウバ・デ・シーマ農園樹上完熟(中煎り)


飲みやすくコクが有るコーヒー。
特長
ソフトな口当りでスルっと飲めて、甘みとコクが広がります。
  • マイルドブレンド
  • グァテマラ・SHB(中煎り)


苦くもなく飲みやすくもないコーヒー。
特長
この辺りからミルクや砂糖を入れても、コーヒーは負けません。ブラックで飲んでも、そんなに苦くはありません。当店の商品の中では、中間の濃さです。
  • スペシャルブレンド
  • 桃太郎ブレンド
  • モカ(中深煎り)
  • コロンビア・スプレモ(中深煎り)
  • キリマンジャロ(中深煎り)


濃い口で香ばしく、コクの有るコーヒー。
特長
すっきりとした苦さで自家焙煎独特の豊かな香りと、滑らかなコクが有ります。コーヒーの香りが良く香る中深煎りです。ミルクを入れても良く合います。
  • ゴールデンブレンド
  • スマトラ・マンデリン(中深煎り)


パンチのあるコーヒー。
特長
苦味の効いた、濃い口のコーヒー。香りもすばらしく、カフェ・オ・レにもピッタリです。
  • ヨーロピアンブレンド
  • イタリアンブレンド


アイスコーヒーにするなら。
特長
濃厚で香りが鼻に抜け、ほろ苦さの中に甘みが有ります。
  • ヨーロピアンブレンド
  • イタリアンブレンド