オフィス宅配サービスへの想い


オフィスでのおいしいコーヒーの需要は高まってきています

実は会社で、香の良いおいしいコーヒーが飲まれ始めているのをご存知ですか?
「他社では、まだインスタントコーヒーやスーパーで販売されているコーヒーを飲んでいるのだろう。」と、思ってはいませんか?

コーヒーにはインスタントコーヒーと、コーヒー豆を粉に挽いてドリップするレギュラーコーヒー、缶コーヒーが有ることは、もうご存知ですよね。
私が実際に100件ほど電話でアンケートを取ったところ、実に85件もの会社が「コーヒー(インスタントを含む)を飲んでいます」と、回答を得ました。

その内実際に、「レギュラーコーヒー(インスタントでは無い)を飲んでいます」と、お答えをいただいたのは、35件ありました。

そうなのです。多くの会社は、「コーヒーは欠かせない」と、思っているのです。
が、レギュラーコーヒーを飲んでいるのはまだ、3割程の会社なのです。

日本全国には、スーパーを含めデパート、自家焙煎店と合わせて数万件もの店舗がコーヒー豆を販売しています。
にもかかわらず「レギュラーコーヒー」を飲んでいる会社はまだ、少ないのです。
それはなぜ?なのでしょうか?

多くの会社は、「コーヒーなんてインスタントでも何でもいいや」とか「違いが良く分からないからなぁ」と、思っているのです。
でも、気づいていらっしゃる経営者の方は最近増えてきています。
何を気付いているのでしょうか?

そうです。
「お客さんに出すコーヒーなのに、不味いのはダメだなぁ。」
「こんなに高いコーヒーメーカーを借りているのに、こんなに不味いの?」
「朝、社員さんに気分良く働いてもらおう。」
「同じ飲むんだったら、香が良いコーヒーじゃないと。」
と、気付いていらっしゃいます。

少し前迄は、お客さんが来れば「とりあえずなんでもいいからコーヒーをだそうか」と、出していましたが、現在ではおいしいコーヒーを通して、多くのコミュニケーションが行われているのです。
そして、業績に結び付けていらっしゃいます。
時代は変わってきています。
「コーヒーなんて、なんでもいい・・・」ではないのです。
気づいている会社では、とても活発に情報交換が行われています。

そこで私達は「安くて新鮮で、おいしいコーヒーとはどういうものなのか」ということを知っていただきたいと考えています。
そのために、少しでもお客様のお役に立てればと思い、職場に楽しいおためしコーヒー豆をお届けし、試飲をしていただいています。
おかげさまで、多くの会社で大好評です。
売り込みが目的では、ありません。
広告やセールスに惑わされない正しい知識を得ていただくために、ぜひ、新鮮でおいしいコーヒーの味を確かめてください。

オフィスでおいしくコーヒーを飲むためには・・・

職場でおいしくコーヒーを飲むためにはどうすればいいのでしょうか?

それは、「信頼できる自家焙煎をしているコーヒー豆屋さんと仲良くなって、一度、試飲をしてみること」なのです。

コーヒー豆屋さんに、直接話しを聴いてみること。これが一番よく解ります。
「どんなコーヒーが自分に合うのか」
「どうすれば、安くのめるのか」
「どんな飲み方がいいのか」
「コーヒー豆の保存方法はどうすればいいのか」
「お客様用には、どんなコーヒーがいいのか」などいろいろ聞いててみることが重要です。
その上で、お客様の満足するコーヒーを見つけてください。

オフィス宅配サービスへ戻る