TOP
ログイン
カート
問い合わせ
重要なお知らせ

数量限定

エチオピア イルガチェフェ ハロベリティ生産者組合(100g)

テイストテイスト(味わい・風味)
【味を想像してください】
冷めるにつれて、果実感があります。

赤肉メロンオレンジを食べてみれば、コーヒーの味わいと結びつきますよ。
焙煎士オススメの飲み方焙煎士オススメの飲み方 / 抽出方法
【淹れるお湯の温度】
82~85℃くらい » モカらしい味わいになります。

90~93℃くらい » きれいな果実のような酸が出ます。冷めるにつれて甘酸っぱい余韻が味わえます。


お湯の温度は嗜好で決まる


注ぐお湯の温度には、正解がありません。

温度は嗜好によります。嗜好は、食べてきたものや年令により決まります。

好みのお湯の温度を探していきましょう。


香りを保ちましょう


味わいを長持ちさせたいのでしたら、小まめに買いましょう。

100gから販売していますから、香りの良いコーヒーが飲み続けられます。
コーヒーチャート
味わいをグラフでお確かめください
酸味
甘味
苦味
香り
コク
濃厚
お買い物ガイドはこちら
coffee

エチオピア イルガチェフェ ハロベリティ生産者組合(100g) 商品コード:CS279

【 販売価格 】¥486(税込)
在庫状態 : 売り切れ
商品オプションをお選びください
挽きの指定
『 エチオピア イルガチェフェ ハロベリティ生産者組合(100g) 』は在庫を切らしております。
挽き具合の調整もお受けいたします

生産地の特長

»エチオピア イルガチェフェ ハロベリティ生産者組合の産地情報をお伝えします。

Halo Baritiはいわゆるイルガチェフェと呼ばれる地域の中でも、最南部にあたる地域です。

近年はトレーサビリティが向上し、同じイルガチェフェ地域でもさらに細分化されたハロベリティの特徴を感じられるようになりました。


ハロベリティ地区でスペシャルティコーヒーを生産するHaloBariti生産者組合は 2012年に発足した、比較的新しい組合で、主にフェアトレードとオーガニック栽培を得意とする協同組合です。

伝統的なウォッシュト、ナチュラル製法の品質の向上だけでなく、様々な発酵方法を試したりと、新しい取り組みも進んで行っています。

協同組合のメンバーは、大規模ではないですが、それぞれ自分の土地を所有しており、手入れが行き届く範囲でコーヒーを栽培しています。


エチオピア全土で最も高い標高1,500~2,100mに位置し、古来から手を加えられていないheirloom種がほかの土着の木々と共生しながら自然に育っている地域であり、豊かな生態系と土壌が保たれている稀有な地域です。

数年以内に急成長する可能性が高い協同組合の1つです。

オリジンコーヒートレーダーズジャパン株式会社 様 より引用

産地情報

原産国:エチオピア

エリア:シダモ県イルガチェフェ、ゲデブ ハロベリティ
生産者:ハロベリティ生産者組合に所属する933の農家

標高:1900-2100m
品種 : Wolishalo, Kurume, Dega
精選:ウォッシュト

クロップ:2020/21

保管方法:定温倉庫

定温倉庫でコーヒー成分の減少を防ぐ
仕入先が委託している倉庫では、季節に応じて温度や湿度の管理をおこないます。

コーヒー豆は、15℃に設定された定温倉庫で保管され、コーヒー成分の減少を抑えています。

コーヒー成分が保たれていると、3年前に収穫されたコーヒーを飲んでも、味わいの少なさを感じさせません。

もっとも成分だけで言えば新穀は多く、年数が経つにつれ減少します。
次回の販売は未定です
さまざまなスタイルのコーヒーを生産している「エチオピア」。エチオピアのコーヒー豆は、年間をとおして流通しています。

けれども珈琲工房サントスでは、良い状態のコーヒー豆しか扱わない方針です。

次回、商社から入荷情報があっても、販売するかどうかは定かではありません。

次回も品質がよければ販売します。

焙煎とコーヒー生豆材料のこだわりポイント

きれいなアールグレイのような酸を味わえるのが、エチオピア イルガチェフィのコーヒー。


Kurume種とDega種、それからWolisho種が このコーヒーの品種。

これら3つの品種は、ひとつのロットに混在されています。混在のバランスもいいのでしょうかコーヒーの味わいを複雑にしています。


深く焙煎すると、糖質と酸が過度に変化してしまいます。

きれいな酸を味わえるよう中煎りに焙煎しているので、あなたは 余韻にドライフルーツ感を味わえます。