TOP
ログイン
カート
問い合わせ
重要なお知らせ

数量限定

マンデリン ワハナ農園 ロングベリー(100g)

テイストテイスト(味わい・風味)
少し濃い口で、余韻にバターのような滑らかな味わいがあります。

豆の芯まで完全に火を通していますから、酸味で嫌な思いをしません。

ただ、豆を細かく挽くと、苦味が多くなります。
焙煎士オススメの飲み方焙煎士オススメの飲み方 / 抽出方法
85℃くらいのお湯で淹れると、あなたの好きな滑らかなコーヒーが飲めます。

温度が90℃以上だと香りが強くなります。苦味も目立つようになるでしょう。


お湯の温度は嗜好で決まる


注ぐお湯の温度には正解がありません。

温度は嗜好によります。嗜好は、食べてきたものや年令により決まります。

好みのお湯の温度を探していきましょう。


香りを保ちましょう


味わいを長持ちさせたいのでしたら、小まめに買いましょう。

100gから販売していますから、香りの良いコーヒーが飲み続けられます。
コーヒーチャート
味わいをグラフでお確かめください
酸味
甘味
苦味
香り
コク
濃厚
お買い物ガイドはこちら
coffee

マンデリン ワハナ農園 ロングベリー(100g) 商品コード:CS253

【 販売価格 】¥530(税込)
在庫状態 : 売り切れ
商品オプションをお選びください
挽きの指定
『 マンデリン ワハナ農園 ロングベリー(100g) 』は在庫を切らしております。
挽き具合の調整もお受けいたします

生産地の特長

ここでは仕入先さんからの情報と、マンデリン ワハナ農園 ロングベリーの産地情報をお伝えします。
仕入先さん情報
もう何年も前に買っていたロングベリー、ティムティムバランギリ(バランギリ村のティムティム)が、米国や台湾によって買われて、高くなりすぎ、買付を断念していたが、ワハナ農園がその品種を自社農園で栽培し始めたので、試しに買ってみた。


もうかれこれ10年以上前、アチェ州タケンゴンに栽培量は少ないけどロングベリーがあるというので、買っていた。

当時このロングベリーは、ティムティムと呼ばれていて、チモール原産の品種と聞いていた。2001年ごろ、チモールの原種豆ということで見せてもらったのが、細長い形状の豆だった。

栽培量が少ないので、毎回200~300キロ程度しかなかったが、希少豆ということで買っていたら、米国と台湾が目を付けて買い始めたので、値段がどんどん吊り上がり、買うのを断念していた。

このロングベリーという品種、調べてみると、いろいろな情報が出てくるので、どれが本当なんのかよく分からないが、サプライヤー情報によれば、アビシニア(エチオピア)という。


ワハナ農園は、2005年に設立したスマトラ島最大の民営農園。農園面積250ヘクタール(東京ドーム53個分)に13品種を栽培している。

ラスナ、ロングベリー、アンドンサリ、トラジャ、ジュンベル、ジャントゥン、カツーラ、カツアイ、ビジャサルチ、ティピカ等である。

管理し易いように、コーヒーの木の本数は、ヘクタール当たり2000本以下におさえている。2009年に水洗設備を導入し、スマトラ島では珍しいウォッシュドコーヒーを作っている。

アタカ通商㈱ 様 より引用

産地情報
生産国 インドネシア
地域 北スマトラ州ダイリ県シディカラン、ラエマンクール村
生産者 ワハナ農園

クロップ 2020
規格 G-1 スぺシャル・プレパレーション
欠点規格 丁寧にハンドピックしているのでほぼ欠点なし

スクリーン スクリーン16アップ
木の品種 ロングベリー(アビシニア)

» その他
スマトラ島唯一の大規模民営農園
創業2005年

標高1250-1400メートル
農園面積250ヘクタール
年間気温13-29℃
年間降雨量2000-3000ミリ
シェードツリー

精製方法 ウォッシュド
開花時期 2019年3月-4月
収穫時期 2020年11月-2021年1月

船積時期 2021年3月
保管方法 定温倉庫
ロットナンバー 015/1686/040

定温倉庫でコーヒー成分の減少を防ぐ
仕入先が委託している倉庫では、季節に応じて温度や湿度の管理をおこないます。

コーヒー豆は、15℃に設定された定温倉庫で保管され、コーヒー成分の減少を抑えています。

コーヒー成分が保たれていると、3年前に収穫されたコーヒーを飲んでも、味わいの少なさを感じさせません。

もっとも成分だけで言えば新穀は多く、年数が経つにつれ減少します。
次回の販売は未定です
さまざまなスタイルのマンデリンコーヒーを大量に生産する、北スマトラ島のトバ湖畔東がわに位置する「北スマトラ州・ダイリ県・ワハナ農園」。

ワハナ農園のコーヒー豆は、年間をとおして流通をしています。

けれども珈琲工房サントスでは、良い状態のコーヒー豆しか扱わない方針です。次回、商社から入荷情報があっても、販売するかどうかは定かではありません。

次回も品質がよければ販売します。

焙煎とコーヒー生豆材料のこだわりポイント

マンデリン ワハナ農園 ロングベリーは、規格 Grade-1の豆です。規格 Grade-1の豆は、粒の大きさと水分量が均一なうえ、欠点豆もすくないのが特長。

このマンデリンは、焙煎のときの高温にも耐えられます。

なぜなら、インドネシアでは珍しい水洗式精製の特性も持ちあわせているからです。


マンデリンには、コクの素となるコーヒー成分が含まれています。

コク成分にあわせた熱を加えないと、なめらかなコクになる化学変化が起きません。

焙煎により化学変化を起こして うま味に変えると、あなたに なめらかなコクのあるマンデリンコーヒーをお届けできます。