TOP
ログイン
カート
問い合わせ
珈琲工房サントス 瀬崎 亮一 珈琲のお悩み解決情報, 珈琲の淹れ方

コーヒーの入れ方|淹れ方

コーヒーの淹れ方

2019.10.04 更新 | 2017.11.06 公開

「コーヒーの入れ方|淹れ方」の記事をご紹介

コーヒーの淹れ方の練習をしていただくと、どなたでも簡単に香り高いコーヒーが作れるようになります。

この記事では、おいしくコーヒーを淹れることができる方法の一つ、ハンドドリップのことについて書いています。

●19/10/04・淹れるコツを追記 ≫≫ 詳しく読む。




コーヒーが大好きな方であればハンドドリップは、きっと上手になります。練習する時間は每日コーヒーを1杯入れてみることだけ。

そうすれば個人差はありますが、練習する期間は半月~1ヶ月もすれば、とても上達をしているでしょう。まずは、取り組んでみましょう。

コーヒーを入れる準備しましょう

必要な道具は。

コーヒードリップポットとコーヒーサーバーもしくは、コーヒーカップが必要。

その他、必要な物は。

メジャースプーン(10g用)・ペーパーフィルーター・コーヒードリッパー・湯沸し用ケトルです。

正しく10gを計量できるメジャースプーンを選んでください。


● 関連記事 >> メジャースプーン(10g用)についての解説は、こちらから。


前準備。
ドリッパー(陶器の場合)・コーヒーカップ・サーバーを、お湯で温めます。

①・ペーパーフィルターの準備。
ペーパーフィルターのシール部分(底と側面)を互い違いに折、ドリッパーにピッタリと押し当てます。

コーヒードリッパーは水を掛けて濡らし、水滴を付けておきます。その際フィルターにも水を掛けてしまい、濡らさないこと。空気の逃げ道が無くなります。

フィルターには水滴がわかずかに付く程度で良いです。付いた水滴が”のり”の役目をしてくれます。

粉の挽き具合の基本は。

粗挽き・中挽き
②・コーヒー粉の準備。

コーヒー豆をコーヒーミルで挽いてください。粉の挽き具合の基本は「粗挽き~中挽き」が良いです。

豆の分量は、メジャーカップ1杯(10g)が1人分(お好みにより加減してください)。

③・コーヒー粉をペーパーフィルターに入れます。
そしてコーヒー粉が平らになるように、ドリッパーを少しゆすりましょう。

コーヒーの風味についての記事です。
ぜひお読みください。
コーヒーの風味にやっと出会えた


お湯の準備の基本は。

④・必ず沸騰をさせます。
お湯を沸かすためのケトルを使って、2~3分間お湯を沸騰させます。

お湯を細口ドリップポットに移し替えて、温度を少し下げます。

お湯の温度・・・・・82℃~88℃ このくらい迄、湯温を下げます。
理想は深煎り豆は低めの温度、浅煎り豆は少し高めの温度、好みにもよります。

湯温計があれば理想的。無ければ1分半ほど掛けて、お湯を冷ます。(杯数により異なる。)

お湯の温度はとても気にして欲しいのですが、とても神経質にならなくても良いです。温度を気にし過ぎると、お気軽にコーヒーを淹れることができなくなりますから。

お湯を注いだときに大きな泡ができてしまったら、温度が高い証拠。

ただし、熱湯は厳禁。ダメ、絶対!!

お湯をドリップポットに移し替えてださい。1人前のお湯の量だと1~1.5分程度、冷ますだけでOKです。

お湯を注いでみましょう

ハンドドリップ

ハンドドリップ


⑤・1湯目 19/10/04・淹れるコツを追記
湯柱を極細くして、少量のお湯をコーヒー粉だけに乗せていきます。(画像を参考に)

コーヒー粉が全体に湿る程度で良いです。

湯量は下のサーバーに、コーヒー液が数滴落ちる程度。

    ポイント
  • お湯はペーパーフィルターの縁には絶対に掛けない。

  • コーヒー液が数滴ほど落ちなければ、お湯がコーヒー粉全体に染み渡っていません。

  • 肘を固定し手首を使い、お湯をコーヒー粉にのせるというイメージで注ぐと上手くいきます。
『お湯をコーヒー粉にのせる』というイメージはとても大切で、試しにイメージを『のせる』から『注ぐ』に替えてドリップをしてみてくたさい。

イメージが『注ぐ』だとお湯が沢山出がちになり、きっと薄いコーヒーが出来上がるでしょう。


反対に『のせる』イメージだと人間の脳が本当に「お湯をそ~~~っと乗せる動作に移れ」と命令を出し、身体の動作が反応をして、お湯を極細く出る傾向になるでしょう。

言葉の持つイメージひとつでお湯が出る量も変わり、コーヒーが薄まるコトを防げます。

お湯を注ぐコツ

■■■ お湯を安定して注ぐコツは。
  • できるだけお湯を細く、途切れずに出す。
  • 細く途切れずに出せたら、1~2秒ほど細く途切れず状態を保つ。

  • 上記2つを実践してください。お湯が安定して細く途切れずに出せるでしょう。


    お湯の注ぎ方が上手くいかないのは、1~2秒ほど細く途切れず状態を保つ、つまり注ぎ細さの静止が出来ないから

    注ぎ細さの状態を保てないままに次のドリップ動作に移るから、もっと上手くいかなくなります。

    お湯の注ぎ細さ状態を保つコトが出来たら、ハンドドリップ技術は上達をします。

    コーヒー粉の蒸らし具合は

    元気よくふくらむ
    ⑥・コーヒー粉を長くても、30秒くらい蒸らしてください。

    粉がお饅頭のように、ゆっくりとふくらんでいきます。画像のように、ふくらんでくれば新鮮な証拠。

    ポイント・・・手元に秒針が付いた時計があれば、もっと便利。

    コーヒードリップ|蒸らし時間の記事。
    ぜひお読みください。
    コーヒー|ドリップ|蒸らし時間

    2湯目以降・お湯の注ぎ方

    コーヒーの淹れ方

    コーヒーの淹れ方


    ⑦・2湯目。
    続いて細い湯柱のままで、1湯目と同じ分量のお湯を注いでいきます。お湯を中心部から外側に向けて、”の”の字を書くように広げていきます。

    ポイント
    • 肘を固定し、肘から先で”の”の字を書くようにする。

    • お湯は粉に近い位置で注ぐコト。

    • お湯はドーナッツの穴の中に注ぐイメージで。

    • お湯はペーパーフィルターのふちには絶対に掛けない。(薄い原因)
    ⑧・3湯目。
    2湯目が終わったあと、直ぐに3湯目のお湯を注ぎます。

    濃い口のコーヒーがお好きな方は、⑧を繰り返してください。ただしお湯は最後まで、細くゆっくり落とさないこと、雑味の原因。

    あっさりとした味がお好きな方は、湯柱を5㎜程度に太くしてお湯を注ぎます。

    ポイント・・・コーヒーのおいしい成分は、この辺りで出てしまいます。

    ⑨・4湯目。
    湯柱を5㎜程度にし、お湯を次々と注いでください。湯面の上げ過ぎに注意。コーヒーが薄い原因の1つ。

    ポイント・・・コーヒー粉の中のお湯が、半分減ったら半分足す感じで。

    ⑩・5湯目。
    コーヒー液が人数分、出来るまで、⑨を繰り返してください。人数分できましたら、直ぐにサーバーから外してください。

    ペーパーフィルター内の粉には不味い成分の素、雑味(アク)でいっぱいです。これで、完成です。

    では香り高い、自家焙煎のコーヒーをお楽しみください。

    コーヒーの淹れ方・注意点

    注意点。
    ①・コーヒー粉に細かい泡が沢山できることが、コーヒーのおいしさの決め手。

    粗く大きな泡は、お湯が熱すぎるため。反対に泡が出来ないとか、少ないのはお湯がぬるすぎるか、コーヒー粉が古いためです。

    ②・お湯が熱すぎるとエグ味・渋みなど、雑味の一因ともなります。また低い温度のお湯でドリップをすると酸味・コクが無いの一因ともなります。

    ③・開封後のコーヒー豆・粉は密閉された容器に入れ、必ず冷蔵庫で保存してください。

    コーヒーの風味についての記事です。
    ぜひお読みください。
    コーヒーの風味にやっと出会えた

    コツを、お教えいたします

    お近くの方は店舗までお越しいただければ、いつでもお教えいたします。

    コーヒーに関するご要望・ご質問がありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

    「コーヒーの入れ方|淹れ方」のまとめ

    ここまでお読みくださいまして、ありがとうございます。

    コーヒーハンドトリップは、これと言った正しい”コーヒーの入れ方”はこれだ!!! と、言ったものはありません。

    ですから多くのサイト、本などで様々な方法が書かれています。

    しいてポイントがあるとすれば。
    • コーヒー粉を正しく計る。

    • 水の分量を正しく。

    • コーヒー粉は細かく挽き過ぎない。

    • お湯は冷まして、熱湯厳禁。

    • お湯は、ゆっくり細く。

    • コーヒーが出来上がったらドリッパーを直ぐに外す。
    と、いったことは絶対に守ってください。これは自家焙煎業界で、世界共通認識。

    後は愛情を注ぐ元になりますから、コーヒーカップは温めてください。冷めたカップは愛情も冷めやすい???


    私もコーヒー初心者の頃は、コーヒーを上手に入れることが出来ませんでした。

    しかしコーヒーを每日1杯、半月間作り続ければ上手になれました。私でさえ出来たのですから、きっとあなた様にも出来るはず。

    每日1杯、半月間~1ヶ月は続けてみる。諦めたら上手になりません。

    一番のポイントは、諦めないコトでしょうか。

    コーヒーの淹れ方は練習をしていただくと、どなたでも簡単に香り高いコーヒーが作れるようになります。わからなければ、いつでもメールでお問い合わせください。



    コーヒー豆・お悩みの種類別・解決情報