TOP
ログイン
カート
問い合わせ
珈琲工房サントス 瀬崎 亮一 珈琲のお悩み解決情報, 珈琲の淹れ方

【ハンドドリップ用の器具10点をご紹介】必要な入門道具一式を珈琲専門家が伝える

coffee

2022.03.21 更新

手でコーヒーを淹れる
お湯を沸かしコーヒーポットに移し替える。
コーヒードリッパーにコーヒーフィルターをセットしコーヒー粉を入れる。

そして、コーヒーポットを持ちコーヒー粉にお湯を注ぐことをハンドドリップでコーヒーを淹れると言います。
コーヒーポットコーヒードリッパーなど、コーヒーを淹れるには さまざまな器具が必用です。


本稿では、初めてコーヒーを淹れるかたのために、必要な器具7点と上達する器具3点をコーヒー専門店23年の店主がお伝えします。

この記事を参考にすれば、入門道具一式となるコーヒー器具がそろい、美味しいコーヒーを飲み始められます。

ここで先に結論を述べると

ハンドドリップコーヒーを淹れるには、必要な7つの器具をそろえましょう。

さらに上達する器具3点も手元にあると、濃すぎたり薄すぎたりするコーヒーができません。
今後、美味しいコーヒーを飲み続けるためには、コーヒー器具をそろえましょう。

どんな器具がいいのかわからない」と言うひとは、お問い合わせメールから「教えてくれ。」とご入力いただき、送ってください。

可能な限り、回答します。


美味しいコーヒーの淹れかた
ハンドドリップで淹れる方法

ページの最上部へ

ページの最上部へ

ハンドドリップに使う器具10点

コーヒーを手で淹れるのに必要な器具7点と、上達する器具3点は、以下のとおりです。

コーヒーの道具 コーヒーの道具

「コーヒーミル」「デジタル計量器」「デジタル温度計」は、上達するための器具です。

知らないコーヒー器具があれば、イラストを見て覚えてください。

ハンドドリップに必要な器具7点

  • お湯を沸かすケトル
  • コーヒードリップポット
  • コーヒードリッパー
  • コーヒーフィルター
  • 計量スプーン10g用
  • コーヒーサーバー
  • デジタルタイマー

「コーヒードリップポット」「コーヒードリッパー」「計量スプーン」「コーヒーフィルター」がなければ、コーヒーは淹れられません。

必ず、そろえてくださいね。


ハンドドリップに必要な
器具7点をそろえる
お湯を沸かすケトル

  • コーヒー粉にお湯を注ぐための道具ではなく、お湯を沸かすために使う道具です。

    安価なものでいいですよ。

    ただ、錆びない素材で作られているものを選びましょう。
コーヒードリップポット

  • コーヒー粉にお湯を注ぐのに使う。

    お湯が極細く出せる器具を購入してください。

    極細いお湯が出せれば、少しずつコーヒー粉にお湯を注げるからです。
コーヒードリッパー

  • コーヒー粉をコーヒーフィルターに入れて、セットする道具が『コーヒードリッパー』。

    コーヒーを淹れる人数にあわせた大きさのものがいいです。

    コーヒーフィルターからお湯があふれて、薄いコーヒーになるからです。
コーヒーフィルター
計量スプーン10g用

  • コーヒー豆もしくは、コーヒー粉を量るのに使う。別名『メジャースプーン』。

    10g用のものを購入してください。

    10g単位で計量ができるので、計算が簡単になるからです。
コーヒーサーバー

  • コーヒー液を人数分 溜める器具が『コーヒーサーバー』。

    耐熱ガラス製のものがおすすめです。

    コーヒーを温めなおすときに便利だからです。電子レンジに対応なのか、確認が必要です。
デジタルタイマー

  • コーヒー粉の蒸らし時間や抽出時間を計ります。

    このタイマーがなければ、蒸らし時間がわかりません。コーヒーの濃さの調整も難しいです。

    安価なものでいいですから、ぜひ、ご用意ください。


» 代替えができる道具
「コーヒーサーバー」の代わりに、コーヒーカップやマグカップに直接コーヒーをドリップしてもOK!

「キッチンタイマー」は、秒針の付いた時計でもいいですよ。

ハンドドリップが上達する
器具3点

同じ味のコーヒーが繰り返し淹れられるために、必要な器具は、以下3点です。
コーヒーミル
  • コーヒーミル
  • デジタル計量器
  • デジタル温度計

器具3点を使えば、いつも同じ味のコーヒーが淹れられます。

お湯の温度や抽出時間がわかるので、上達の近道です。ぜひ、使ってください。


使えば上達する
器具3点をそろえる
コーヒーミル

  • コーヒー豆を粉に挽くのに使う。

    『コーヒーミル』もしくは『コーヒーグラインダー』とも呼ばれています。

    種類は、手回し式をはじめ、カッティング式やプロペラ式があります。
デジタル計量器

  • コーヒー豆や粉を正確に量るのに使います。

    デジタル計量なので、12gや24gなど、1g単位でコーヒー粉を量るのに便利。

    安価な、量りでいいですよ。
デジタル温度計

  • コーヒードリップポット内の湯の温度を正確に計るのに便利な『デジタル温度計』。

    1℃刻みにお湯の温度が変えられるので、コーヒーの味わいに変化をつけられます。

    90℃と85℃のお湯では味わいが違うので、知らない味に出会えますよ。

コーヒー器具を買うときの
注意点

日本製品で、安すぎる器具は耐久性と性能、それからアフターサービスに問題があります。

海外製品は、取説が英語で書かれているものがあります。日本の代理店があるのか調べてから購入しましょう。


実用品として耐久性を考えるならば、落としても壊れない素材がいいです。

18.8ステンレスや耐熱ガラスがいいでしょう。


インテリアも兼ねて選ぶのならば、あなたが「おしゃれな器具だな。」と思ったものを買うといいです。


コーヒーを淹れる初心者のかたは、有名メーカーの器具を買えば品質面は間違いありません。ただし「使い勝手がいいか?」は、使ってみないとわからないところです。

具体的なメーカー名

  • カリタ
  • ハリオ
  • メリタ
最初は、このあたりのメーカーから考えてみるといいです。

メーカー名で検索すると、コーヒー器具のレビューを書いた記事があります。実際に使用している体験談を読めば、あなたが道具を購入するときの手助けになります。


買いたい器具の注意点を知りたい。」などがありましたら、お問い合わせいただければ、注意点をお伝えします。

店主が使うコーヒー道具をご紹介!

ここでは「コーヒー道具を買うときに、店主が使っている物を参考にしたい。」と考えている ひとのために、珈琲工房サントス・店主が愛用している道具をご紹介します。
    » 必要な器具7点
  • お湯を沸かすケトル
  • コーヒードリップポット
  • コーヒードリッパー
  • コーヒーフィルター
  • 計量スプーン10g用
  • コーヒーサーバー
  • デジタルタイマー

  • » さらに上達する器具3点
  • コーヒーミル
  • デジタル計量器
  • デジタル温度計

必要な器具7点

お湯を沸かすケトル
ホームセンターなどで販売している安価な18.8ステンレスのケトルを店主は使っています。

お湯を沸かすだけなので、高価なものでなくてもいいです。

ただ、18.8ステンレスのような錆びにくく、頑丈なケトルを選ぶと長持ちします。



コーヒードリップポット
カリタ・コーヒーポット・ステンレス製・600ml私は使っています。

使い勝手の良さは、鶴くち細口コーヒーポットの記事をお読みください。ただし、このポットは製造中止になりました。

代わりにカリタ製で「SS・ケトル・700」をオススメします。このポットも注ぎ口が細く優秀ですよ。



コーヒードリッパー
円すいドリッパーは『珈琲サイフオン・名門ドリッパー』を使っています。

このドリッパーは、リブが短く、コーヒーの個性が出せるのが特長。

コーヒー粉から出て欲しくない成分がドリッパー内に留まり、落ちにくい仕組みです。




台形型ドリッパーは『カリタ・102-D』を使います。

カリタ・102-Dは、お湯の抜けが早く、コーヒーの雑味が出にくい三つ穴式。

コーノ式で淹れると難しいコーヒー豆に使ったり、違う味わいを抽出したりするときに使います。



コーヒーフィルター
円錐コーヒーフィルターは『珈琲サイフオン・円錐シルキーペーパー』を使います。


紙の内側のみに凹凸があり外側の紙面はツルツルなので、円すいフィルターにピッタリと貼りつくのが特長。

通常の円すいフィルターよりも、コーヒーフィルターとドリッパーが密着していると、コーヒー液はさらに落ちるのが遅くなります。

ジューシーな味わいとなり、美味しいコーヒーになるから採用しました。




台形コーヒーフィルターは『三洋産業・おいしい珈琲屋』を使っています。


紙の内側や外側にもクレープと呼ばれる凹凸のシワがあるのが特長。

凸凹があるので、コーヒー微粉によりフィルターの目詰まりを防ぎます。

濃厚な味わいからスッキリ味まで淹れ分けられるので、さまざまな味のコーヒーが飲めるから使っています。



いま現在、Amazonでは、三洋産業・おいしい珈琲屋を販売していませんでした。


計量スプーン10g用
1杯約10g用の計量スプーンであるカリタ・メジャーカップを使っています。

この10g用を使うときは、気軽にコーヒーを飲みたいときです。

それに対して、味わいを追求するときは、デジタル計量器を使います。



コーヒーサーバー
三洋産業のコーヒーサーバー」を使っています。

ガラス製でコーヒー抽出量が見える このコーヒーサーバー、そして耐熱性の機能が特長。目盛りも正しい位置にあります。

ただ、三洋産業のウェブサイトでご紹介したものは『1300ml 〈6~10杯用〉CS-10』規格です。


私が使っているコーヒーサーバーの規格は、CS-3とCS-5の2つです。

三洋産業のサイト内では、この2つは見当たりません。生産終了の可能性があります。


いまのところAmazonでは、この2つの取り扱いがありました。ただし、いつまで在庫があるのかは、わかりません。



デジタルタイマー
1秒単位で測れる、デジタルキッチンタイマーを使っています。

コーヒー粉を蒸らす時間と、お湯を注いでいる時間を計測したいからです。


私が使っているタイマーは製造中止です。

Amazonや楽天のサイトから、あなたの使い勝手の良さそうなタイマーを選んでください。

安価なデジタルタイマーでいいですよ。


さらに上達する器具3点

コーヒーミル
珈琲工房サントス店内で使用しているコーヒーミルは『スイス製・ディッティングコーヒーグラインダー』です。

エスプレッソ用の極細挽きから粗挽きまで、きれいに挽けるので購入しました。

» 切れ味抜群!!|スイス製・ディッティングコーヒーグラインダー

» コーヒーミルの性能を挙げます
  • 消費電力が2.0kW
  • 珈琲を挽く能力が1.8kg/分
  • 約8秒で200gのコーヒー豆が挽ける
デジタル計量器
コーヒーの酸やコクや香りなど、さまざまな香味を確認するときに使います。

香味を確認するときは、1gで10cc抽出します。

コーヒー豆を1g刻みで計量できるデジタル計量器が、必用になります。


私が使っているデジタル計量器は製造中止です。Amazonや楽天のサイトから、あなたの使い勝手の良さそうなものを選んでください。



デジタル温度計
90℃以上の高い温度や85℃あたりの低い温度でお湯を注ぐために購入しました。

温度表示がデジタルなので、適温のお湯なのかが一目で確認できますよ。さらに沸騰したお湯に温度計を入れると、温度表示が早く、温度の上昇と下降も0.1℃単位で表示されます。

コーヒーを淹れる温度が管理できると、甘みやコクなどのさまざまな香味が確認できるので、私にとってなくてはならない道具です。




» 防水機能は必要なのか?
デジタル温度計は、防水機能のものが望ましいです。

ただ、注意して使用すれば、防水機能がついていなくてもいいかなと私は思います。

私が使用している温度計は、防水機能が無いものです。ただ、なくても壊れた経験はありません。


ここまで、珈琲工房サントス・店主が使用する道具をご紹介しました。

コーヒー道具をインテリアとして考えているひとは、ご参考にならないかもしれません。

なぜなら、店主は、仕事で使える実用的なものを選んで購入しているからです。

業務用の道具なので、あなたがご家庭で使っても長持ちするはずですよ。

すぐにコーヒーを淹れ始めたい。
コーヒー器具はお店で買えるの?

珈琲工房サントスで取りあつかっている物は、ハンドドリップ用の器具のうち、すぐに買えるものと買えないものがあります。


すぐに買えるものは「コーヒーサーバー」「コーヒーフィルター」「コーヒードリッパー」「計量スプーン」。

取り寄せになるものは「コーヒーポット」「コーヒーミル」です。


「コーヒーポット」「コーヒーミル」は、ご注文をいただいてからメーカーから取り寄せ、届きしだいお渡しできます。

その他の器具は、どこで買えるの?
「お湯を沸かすケトル」「デジタル温度計」「デジタルタイマー」「デジタル計量器」は、安価なものだとホームセンターが便利です。

高価なものになると、お近くの「お菓子材料と器具を扱う専門店」で探し、通販サイトでは「器具の専門店」から探すのがおすすめ。
届くまで何日かかるの?
「コーヒーポット」「コーヒーミル」は、メーカーに注文して入荷するまでの日数は、約1週間ぐらいです。

ただし、メーカーに在庫がなければ、入荷するまでに日数が掛かります。

— 補足 —
お急ぎのかたは、Amazonをご利用ください。
» Amazonでコーヒー器具セットを探す

まとめ

ここまで、ハンドドリップに必要な、必要な器具と上達する器具を解説しました。

まずは、必要な器具7点がないと、ハンドドリップでコーヒーは淹れられません。


必要な器具7点のなかでも、コーヒーポットだけは、お湯が極細く出せるものを買ってくださいね。

極細いお湯が出せれば、あなたはハンドドリップが上達するのも早くなるし、美味しいコーヒーも飲めますよ。


器具7点がそろったら、コーヒーを淹れる練習をしましょう。


美味しいコーヒーの淹れかた
ハンドドリップで淹れる方法



コーヒー豆・お悩みの種類別
解決情報