家のアイコン
TOP
人物のアイコン
ログイン
カートのアイコン
カート
手紙のアイコン
問い合わせ
重要なお知らせ
2024年05月28日(火)
お届け日の指定について
オンラインショップについての
お知らせ

エチオピア イルガチェフェ ナチュラル

テイストテイスト(味わい・風味)
お待たせいたしました。

イルガチャフェ地域のなかでも優れた『アリーチャ精製所』のコーヒーが入荷しました。

店主は、いろいろな精製所のコーヒーを焙煎してきました。そこで、オススメしたい逸品のひとつです。


【味を想像してください】
冷めるにつれて、ダークベリー感のある酸があります。

干しブドウ乾燥プルーンを食べてみれば、コーヒーの余韻と結びつきますよ。
焙煎士オススメの飲み方焙煎士オススメの飲み方 / 抽出方法
【淹れるお湯の温度】
82~85℃くらい » 味わいがキレイになります。

93~96℃くらい » きれいな果実のような酸が出ます。冷めるにつれて甘酸っぱい余韻が味わえます。


お湯の温度は嗜好で決まる


注ぐお湯の温度には、正解がありません。

温度は嗜好によります。嗜好は、食べてきたものや年令により決まります。

好みのお湯の温度を探していきましょう。




コーヒーの濃さ » お湯の量で変わる。

質感の増減 » お湯の投入回数と温度と攪拌で変わる。

成分の量 » 挽き具合や抽出時間の長短で変わる。

コーヒーチャート
味わいをグラフでお確かめください
酸味
コーヒーチャート
甘味
コーヒーチャート
苦味
コーヒーチャート
香り
コーヒーチャート
コク
コーヒーチャート
濃厚
コーヒーチャート
お買い物ガイドはこちら
イルガチェフェG-1
中浅煎り

エチオピア イルガチェフェ ナチュラル 商品コード:CS292

【 販売価格 】¥562(税込)
在庫状態 : 売り切れ
商品オプションをお選びください
挽きの指定
『 エチオピア イルガチェフェ ナチュラル 』は在庫を切らしております。
電球のアイコン 挽き具合の調整もお受けいたします

生産地の特長

»エチオピア イルガチェフェG-1 ナチュラルの産地情報をお伝えします。

アリーチャ・ウォッシングステーション近隣の生産者は、ほぼ皆1ヘクタールにも満たない農地でコーヒーを栽培している零細農家である。


コーヒーは換金作物で、ジャガイモ、マンゴ、アボガドなどは最低限の生計のために栽培している自給用作物である。

彼らの収入は限られているため、化学肥料、殺虫剤、除草剤を購入する余裕はなく、100%オーガニックと言える。


輸出業者であるBNT社は、少しでもいいチェリーを買い上げるために、チェリー価格にインセンティブを乗せている。

これまでウェギダブルーのロットは、ウォッシュドしか買い付けてこなかったが、今回初めてウェギダブルーのナチュラルロットを買い付けた。


アリーチャ・ウォッシングステーションで、チェリーのフローター選別を行い、アフリカンベッドで天日乾燥。

G1グレードにするために、最終仕上げは人海戦術でひたすら手選別を行う。

アタカ通商(株) 様 より引用

産地情報

生産国:エチオピア
地域:南部諸民族州ゲデオゾーン、アリーチャ
生産者:アリーチャ・ウォッシングステーション
クロップ:2022/2023

規格:G-1・スぺシャル・プレパレーション
欠点規格:0-3/300g
スクリーン:スクリーン14アップ
木の品種:イルガチェフェ在来種

生産農家:650名
標高:1900-2000メートル
年間降雨量:1800-2000ミリ
土壌:赤褐色土壌

精製方法:ナチュラル

開花時期:2022年1-2月
収穫時期:2022年10月-2023年1月
船積時期:2023年6月

保管方法:定温倉庫

定温倉庫でコーヒー成分の減少を防ぐ
仕入先が委託している倉庫では、季節に応じて温度や湿度の管理をおこないます。

コーヒー豆は、15℃に設定された定温倉庫で保管され、コーヒー成分の減少を抑えています。

コーヒー成分が保たれていると、3年前に収穫されたコーヒーを飲んでも、味わいの少なさを感じさせません。

もっとも成分だけで言えば新穀は多く、年数が経つにつれ減少します。
次回の販売は未定です
さまざまなスタイルのコーヒーを生産している「エチオピア」。エチオピアのコーヒー豆は、年間をとおして流通しています。

けれども珈琲工房サントスでは、良い状態のコーヒー豆しか扱わない方針です。

次回、商社から入荷情報があっても、販売するかどうかは定かではありません。

次回も品質がよければ販売します。

焙煎とコーヒー生豆材料のこだわりポイント

きれいな紅茶のような酸を味わえるのが、エチオピア イルガチェフィのコーヒー。


エチオピア原種が このコーヒーの品種。

生豆は小粒ながら欠点豆が少ないです。脱穀研磨も均一で、高品質な状態でした。


深く焙煎すると、糖質と酸が過度に変化してしまいます。

きれいな酸を味わえるよう中浅煎りに焙煎しているので、あなたは 余韻にドライフルーツ感を味わえます。