家のアイコン
TOP
人物のアイコン
ログイン
カートのアイコン
カート
手紙のアイコン
問い合わせ
重要なお知らせ
2024年05月28日(火)
お届け日の指定について
オンラインショップについての
お知らせ

おすすめ

モカジャバブレンド

テイストテイスト(味わい・風味)
5/13 ~ ご注文分より価格が変わります
486(税込)/ 100g になります。


マンデリンのダークチョコのようなコクとエチオピアの果実感のある香りをブレンド。

フルーティーな香りと冷めるにつれてチョコの余韻が残り続けます。

エチオピアとマンデリンを使い世界で最初に生まれたといわれるブレンドコーヒーを味わってください。




エチオピア70%にインドネシア・マンデリン30%をブレンド。

マンデリンの独特な重たいコクがエチオピアのフルーティーな果実感を支えています。

» 味わいを保つために、コーヒー豆の配合は、時期によって変わる場合があります。







このブレンドコーヒーは、エチオピアとマンデリンを使用しています。どちらのコーヒー豆も価格の変動が大きいです。

毎月のように見積り価格が変わってる現状です。

販売価格が頻繁に変更される商品となっています。




焙煎士オススメの飲み方焙煎士オススメの飲み方 / 抽出方法
注ぐお湯の温度
85℃くらいで淹れる » 深みのある複雑なコクが表れる。余韻は、ダークチョコレートのようです。

90℃くらいで淹れる » フルーティーな香りが強く、質感のある複雑なコク。この複雑なコクが強く表れます。 




93~96℃以上 » フルーティーな香りが強く、力強いコクも感じられる。

96℃くらいで淹れれば、水の分子間も広くなるので、フルーティーそしてスッキリとしたコクが味わえます。


» 注意点
金属味が感じられれば、温度が高すぎるサイン。メタリックな味を止めるには、お湯の温度を下げてくださいね。

鉄を舐めたときの味わいが金属味です。金属味が感じられる温度は、ひとそれぞれ。金属味が好きなひともいます。

一方、3分を超えて抽出すれば、お湯の温度も下がり、塩味が出たり苦味も強くなったりします。

そんなときは、抽出時間を2分30秒まで縮めてください。


» コーヒー粉に何度のお湯を注ぐのか?
注ぐお湯の温度には正解がありません。

お湯の温度は嗜好によります。嗜好は、食べてきたものや年齢により決まります。

好みのお湯の温度を探していきましょう。


コーヒーチャート
味わいをグラフでお確かめください
酸味
コーヒーチャート
甘味
コーヒーチャート
苦味
コーヒーチャート
香り
コーヒーチャート
コク
コーヒーチャート
濃厚
コーヒーチャート
お買い物ガイドはこちら
モカジャバブレンド

モカジャバブレンド 商品コード:CB112

【 販売価格 】¥486(税込)
在庫状態 : 在庫有り
商品オプションをお選びください
挽きの指定
数量   
電球のアイコン 挽き具合の調整もお受けいたします

生産地の特長

» 世界で最初に生まれたブレンドコーヒーといわれている
そのむかし中東産のコーヒー豆は、コーヒーの産地であるイエメンのモカ港から帆船の船体に積まれて出荷されていた。

当時、世界でもっとも忙しい場所のひとつであったモカ港は、メッカまでつづく主要な港であった。

モカ港に到着した船乗りの多くはジャワ島から帰国しており、こうしてモカとジャワの伝統的なコーヒー豆のブレンドが生まれたのである。

ここでは、ブレンドに使われるコーヒー豆2つの生産地の特長を解説しています。

それぞれの商品ページで丁寧に解説しています。

コーヒーを飲みながら、じっくりお読みください。
2つのコーヒー豆・生産地の特長
エチオピア モカ ウォッシュド
■ 華やかな香りでコーヒーとは想像できないと嬉しい声をいただける「エチオピア・モカ」。
» 詳しく読む


インドネシア・スマトラ・マンデリンG1
■ 苦みが少なく、深みのあるコクが特長。チョコレートの余韻が表れます。
» 詳しく読む