TOP
ログイン
カート
問い合わせ
オンラインショップについての
お知らせ

グァテマラ ロマス・アルタス農園

テイストテイスト(味わい・風味)
ひとくち飲めばチョコ感がある飲みやすさ。ビターチョコの余韻と、冷めるにつれて甘酸っぱいミカンの甘味が感じられる。

ほのかにカカオ55%のチョコを感じられるかもです。

焙煎士オススメの飲み方焙煎士オススメの飲み方 / 抽出方法
90~93℃以上で淹れると甘味のある質感が向上します。しっかりしたビターチョコ感になる

85℃くらいのお湯で淹れると味がきれいになり、甘酸っぱいミカンを感じる。

淹れ方のコツ


このグァテマラは、蒸らし30秒とつぎのじっくり淹れる箇所を確実にしてください。

じっくり淹れる箇所をテキトーにすると、コーヒー液は未抽出になりやすいからです。じっくり淹れる箇所は、30秒~45秒ほど丁寧にお湯を注いでください。

ドリップ後半は、お湯の太さを2mmにして注ぎ、過抽出を防ぎます。

» 補足
酸だけが目立つバランスの悪いコーヒーの味を『未抽出』と言います。

未抽出の原因は、主に前半部分の丁寧に淹れる箇所をテキトーに終わらせると起こります。ただ「未抽出だ。」と感じるのは、ひとによります。


お湯の温度は嗜好で決まる


注ぐお湯の温度には正解がありません。

温度は嗜好によります。嗜好は、食べてきたものや年令により決まります。

好みのお湯の温度を探していきましょう。


香りを保ちましょう


味わいを長持ちさせたいのでしたら、小まめに買いましょう。

100gから販売していますから、香りの良いコーヒーが飲み続けられます。
ほかのお店の価格を見みますか?
» Googleで検索する

コーヒーチャート
味わいをグラフでお確かめください
酸味
甘味
苦味
香り
コク
濃厚
お買い物ガイドはこちら
coffee

グァテマラ ロマス・アルタス農園 商品コード:CS305

【 販売価格 】¥530(税込)
在庫状態 : 売り切れ
商品オプションをお選びください
挽きの指定
『 グァテマラ ロマス・アルタス農園 』は在庫を切らしております。
挽き具合の調整もお受けいたします

生産地の特長

» グァテマラ ロマス・アルタス農園の産地情報をお伝えします。


グアテマラ東部のコーヒー生産地である『ニューオリエンテ』。ニューオリエンテの位置は、チキムラ県の中心部で、エルサルバドルやホンジュラスとの国境に近いです。


このコーヒー生産地は、新しい産地でコーヒー栽培を始めたのは1950年代でした。現在では、大小さまざまな農園が点在しています。

農園は、コーヒー栽培が主要作物です。


このオリエンテは、かつてグアテマラのなかでも貧しい地域。さらに、孤立した地域と考えられていました。現在は、コーヒー経済により繁栄し、潜在的な可能性をはらんでいます。


オリエンテ特有の気候である豊富な雨と雲。ミネラルと変成岩に富んだ火山性土壌を組み合わせた微気候もコーヒーの木の繁茂を可能にしています。

このような栽培環境のもと、オリエンテ地区コーヒー栽培の先頭を走っているのが『ロマス・アルタス農園』なのです。
産地情報

地域:グアテマラ ニューオリエンテ地区
農園:ロマス・アルタス農園
規格:SHB EP
業態:エステート

品種:ブルボン・カツーラ
標高:1,650m

加工方法:ウォッシュトプロセス
乾燥方法:天日乾燥
クロップ年度:2022年クロップ

パッキング:30kg麻袋
保管方法:定温倉庫

定温倉庫でコーヒー成分の減少を防ぐ
仕入先が委託している倉庫では、季節に応じて温度や湿度の管理をおこないます。

コーヒー豆は、15℃に設定された定温倉庫で保管され、コーヒー成分の減少を抑えています。

コーヒー成分が保たれていると、3年前に収穫されたコーヒーを飲んでも、味わいの少なさを感じさせません。

もっとも成分だけで言えば新穀は多く、年数が経つにつれ減少します。
次回の販売は未定です
さまざまなスタイルのコーヒーを生産している「グァテマラ」。グァテマラのコーヒー豆は、年間をとおして流通しています。

けれども珈琲工房サントスでは、良い状態のコーヒー豆しか扱わない方針です。

次回、商社から入荷情報があっても、販売するかどうかは定かではありません。

次回も品質がよければ販売します。

焙煎とコーヒー生豆材料のこだわりポイント

グァテマラ
コーヒー生豆の天日乾燥


チョコ感のある甘味を味わえるのが、ロマス・アルタス農園のコーヒー。

コーヒーの品種は、ブルボンとカツーラがブレンドされています。ただ、ブレンド比率は不明。


標高は、寒暖差が望める11650mあるので、コーヒー果実が引き締まっています。

欠点豆も少なく、生豆はサイズ15upと大きい。脱穀研磨は均一で、高品質な状態でした。

深煎りに焙煎してしまうと、糖質や酸が過度に変化したりします。中煎りに焙煎し、きれいなチョコの質感が味わえるようにしていますよ。


» ブルボン種の特長はチョコ感が出る
ブルボン品種がブレンドされているので、きれいな酸があり、抽出によっては、ほんのりチョコ感も出るでしょう。

チョコ感の表現方法は、ひとによりさまざまで、こう表現されています。
・ビターチョコ
・ダークチョコ
・ハイカカオチョコ

このようなチョコレートは、カカオが含まれている割合を55~95%と商品パッケージに表示してあります。


お近くにある小売店のチョコレート売り場で、販売されていると思われます。

カカオが含まれている割合がわかると、コクや苦さのていども想像がつくので、ハイカカオチョコを買う目安になりますね。

いちどハイカカオチョコを食べてみてください。