TOP
ログイン
カート
問い合わせ

ブラジル マッタス・デ・ミナス地域 天日乾燥(100g)

テイストテイスト(味わい・風味)

【味を想像してください】
飲みやすく、スッキリとしています。ナッツ系の香ばしさが魅力的。

仕入先さんと商談しました。その結果、年間600㎏の契約注文に合意しています。そのため、販売価格も値下げしています。

さらにお手軽価格になったブラジルを味わってください。
焙煎士オススメの飲み方焙煎士オススメの飲み方 / 抽出方法
ブラックで飲むと、あなたの好きな 香ばしく軽い味わいが感じられます。

ミルクを入れると、脂肪の影響により、コーヒーの特性が消されてしまいます。
コーヒーチャート
味わいをグラフでお確かめください
酸味
甘味
苦味
香り
コク
濃厚
お買い物ガイドはこちら
coffee

ブラジル マッタス・デ・ミナス地域 天日乾燥(100g) 商品コード:CS246

【 販売価格 】¥476(税込)
在庫状態 : 在庫有り
商品オプションをお選びください
挽きの指定
数量   
挽き具合の調整もお受けいたします

生産地の特長

ブラジル産のコーヒー豆は、年間をとおして流通しています。しかし、珈琲工房サントスでは、品質の良いコーヒー豆しか取り扱わない方針です。

そのため、次回 入荷情報があっても、珈琲工房サントスで仕入れるかどうかは、品質次第なのです。


以下、ブラジル マッタス・デ・ミナス地域 天日乾燥の商品情報です。

栽培地のマッタス・デ・ミナス地域は、ブラジルの南東部ミナスジェライス州に位置しSerra do Caparao(セーハ・ド・カパラオ)山脈の麓の急峻な地域にあります。

この地域はセーハ・ド・カパラオ山脈から湧き出す豊富な湧き水に恵まれ、1800年代からコーヒー栽培の行われてきた、伝統的コーヒー栽培地として知られています。

標高2500m.級のセーハ・ド・カパラオ山脈により、リオデジャネイロからの湿った空気が遮断され、天日乾燥時にも燦燦と照りつける太陽の下、じっくりと乾燥させることができます。


急峻で昼夜の寒暖差の大きなマッタス・デ・ミナス地域で採れるコーヒーは大粒で実の引き締まった肉厚な良質豆が採れる事で、有名です。

㈱ セラード珈琲 様 より引用



農園名: ミナスジェライス州組合よりファインカップを選定
生産者: 組合にてブレンド
生産地: ミナスジェライス州

栽培品種: ムンドノーボ・カツアイ・他
標高: 800 - 1,400m

平均気温: 18℃〜23℃
開花時期: 9月〜10月
収穫時期: 5月中旬〜9月下旬

精製処理: Natural(非水洗式)
スクリーン: SC-18

焙煎とコーヒー生豆材料へのこだわりポイント

ブラジル マッタス・デ・ミナス地域 独特の味わいを楽しんでください。

香りを楽しみ、それから、やわらかな飲み口を味わっていただくために、煎り止めポイントは中煎りです。


長時間焙煎をさけて、豆の個性を出すようにテンポ良く豆の芯まで火をとおしていきます。

天日乾燥の香りを楽しめるのが、ブラジル マッタス・デ・ミナス地域 天日乾燥。やわらかな香りを楽しむようにするため、短時間で焙煎をしています。