家のアイコン
TOP
人物のアイコン
ログイン
カートのアイコン
カート
手紙のアイコン
問い合わせ
重要なお知らせ
2024年06月30日(日)
お届け日の指定について
オンラインショップについての
お知らせ

おすすめ

エクアドル アンデスマウンテン周辺

テイストテイスト(味わい・風味)
柑橘系の香り明るい酸。甘味があり乾燥イチジクやミカンの余韻が続きます。

は、柑橘系。

アプリコットや乾燥いちじくが表れたり、果物ならば、グレープフルーツ・オレンジ・八朔・ミカンが表れたりするでしょう。
店主が試飲した感想と
淹れ方のアドバイス
93~96℃くらいのお湯で淹れてみてください。

ティピカ種とカツーラ種』で作られているので、冷めるにつれて、甘みのなかにミカンを想わせる甘酸っぱさが感じられます。


ティピカ種は、昔からある品種。はなやかで上品な酸と甘い余韻があり、スペシャルティコーヒーの市場で好評を得ています。




じっくり丁寧に注げば、質感が上がります。3分以上かけて丁寧に淹れると、渋みが出るので要注意!!

93℃以上のお湯を注いだり広範囲にお湯をかけたりすれば、渋みもが出やすくなります。渋みを出さない抽出方法を覚えてくださいね。
» 渋みが少ないコーヒーの淹れ方


90℃のお湯を注いでも嫌いな味が出なければ、96℃で淹れてください。抽出効率がよくコーヒー成分も多く出ます。

どの温度で嫌いな味が感じるかは、ひとによります。渋みが好きな人もいます。さまざまな抽出温度で試してくださいね。


ちなみに、96℃のお湯で注げば、抽出効率が良いので、コーヒー成分も抽出されやすいです。ただし、コーヒーベッドを壊したり削ったりしないでください。

壊せば、あなたの嫌いな味が出ます。







■ 抽出器具
・コーノ ドリッパー
・コーノ 純正フィルター

■ 抽出の基本設計
・コーヒー粉 : 粗挽き 10g
・お湯 150cc
・お湯の温度 93~96℃
・粉と水(お湯)の比率は 1:15
・できあがり量は、130ccくらい
お湯を160ccにすれば、水の分子間に取り込まれる成分が多くなり、味わいも複雑になりますよ。

■ 淹れ方
① お湯 20cc 均一に回し掛ける。
② 蒸らしなし。
ここから4回に分けて注ぐ。
③ 10cc +30cc + 70cc + 20cc
④最後のお湯は落とし切る

■ 淹れ方③からのお湯の注ぎ方
・お湯は、素麺ぐらいの細さを想像して注ぐ
・まず 10ccのお湯は、コーヒーポットの口を高く上げて注ぐ
・つぎの30cc + 70cc のお湯は、コーヒーポットの口をできる限り下げて注ぐ
・最後の20ccのお湯は、コーヒーポットの口を高く上げて注ぐ

高く上げる位置は、お湯が割れる高さから、すぐ下のところ
この位置こそが高攪拌になる

» お湯の太さは 変えない。
» お湯は真ん中に真っすぐ落とす
» お湯は グルグル回さない
» 懸濁液の高さを維持する
» ドリッパーから落ちてくる流量は最後まで変えない

このように注ぐと 過度な苦味や渋みがなく、甘い余韻が出ますよ。

■ 3分ほど経過してから飲む
淹れたてのコーヒーを飲めば、熱すぎて味がよくわからなかったりします。「味がわからん。」となれば、3分ほど経過してから飲むといいですよ。

ひとの味蕾は、コーヒーの温度が体温に近くなるほど、甘みを感じやすくなるからです。
» 食べ物の味と温度の関係

» 1回目の味の出方を参考しながら好みの味に近づける
コーヒーは『淹れて飲む』を繰り返しながら好きな味になるようにする飲み物です。1回目の味の出方を参考にして、2回目3回目と好きな味になるように淹れ方を工夫してくださいね。

1回目の抽出からベストな味を狙うとストレスを感じたりします。(-_-)

店主も1回目で美味しいコーヒーが淹れられる確率は低いです。ただ、味の修正のコツを知っているので、徐々に好きな味に近づくのです。




ほかのお店の価格を見ますか?
» Googleで検索する

ご注文いただけるのを楽しみにお待ちしています。
コーヒーチャート
味わいをグラフでお確かめください
酸味
コーヒーチャート
甘味
コーヒーチャート
苦味
コーヒーチャート
香り
コーヒーチャート
コク
コーヒーチャート
濃厚
コーヒーチャート
お買い物ガイドはこちら
coffee
中煎り

エクアドル アンデスマウンテン周辺 商品コード:CS345

【 販売価格 】¥508(税込)
在庫状態 : 売り切れ
商品オプションをお選びください
挽きの指定
『 エクアドル アンデスマウンテン周辺 』は在庫を切らしております。
電球のアイコン 挽き具合の調整もお受けいたします

生産地の特長

ここでは、エクアドル アンデスマウンテン周辺の商品情報をお伝えします。
産地の特長
エクアドル共和国アンデス山脈の周辺で生産されたコーヒー豆です。

アンデス山脈にあるアンデスマウンテン周辺地域は、標高が高く、寒暖差が大きい。この寒暖差により、引き締まった果実になり、深みのあるコクとマイルドな酸が生まれるのです。


このコーヒーは、単一地域ではなく、複数の県から集められた豆をブレンド。味わいを考えてブレンドしているので、甘み・酸味・香り・コクなど、バランスの良いコーヒーに仕上がっています。

複数の県から集められた豆をブレンドすれば、ある程度の数量が生産できるようになります。需要に見合う生産力があるので、世界中のバイヤーからの要望に応えられるのです。


» 味わいの特長
ここでは、商社が試飲した味わいを引用しています。

フルーティーなフレグランス、黒糖、スパイス、バニラ、アーモンド、ドライフルーツのさまざまなアロマ。

イエローフルーツ、西洋花梨を思わせる風味。中程度なコクと、マイルドでほんのり甘い酸味の余韻が感じられるスペシャルティコーヒーとなっています。

引用 終わり。


商社のバイヤーは、表現の引き出しが多いので、あなたの知らない味の表現も登場するでしょう。知らない味の表現に出会ったら、Google検索などで調べてくださいね。
産地情報

» 生産地
エクアドル共和国
・Imabura県
・Loja県
・Pichincha県

標高 1,200m~1,800m
土壌 火山質性土壌

品種 ティピカ種・カツーラ種・サチモール種
精選方法 ウオッシュド

» スクリーンサイズ
・S19‥15%
・S18‥33%
・S17‥33%
・S16‥14%
・S15…5%

収穫時期 7月~10月
収穫年度 2023年

定温倉庫でコーヒー成分の減少を防ぐ
仕入先が委託している倉庫では、季節に応じて温度や湿度の管理をおこないます。

コーヒー豆は、15℃に設定された定温倉庫で保管され、コーヒー成分の減少を抑えています。

コーヒー成分が保たれていれば、3年前に収穫されたコーヒーを飲んでも味わいの少なさを感じさせません。

もっとも成分だけで言えば新穀は多く、年数が経つにつれ減少します。