TOP
ログイン
カート
問い合わせ
重要なお知らせ

マイルドブレンド (100g)

テイストテイスト(味わい・風味)
飲みやすく、甘さのあとにシッカリとしたコクがあります。

コクから想起させるものは、心地よいキャラメル。冷めるにつれて、なめらかな質感になります。

» 味わいを保つために、コーヒー豆の配合は、時期によって変わる場合があります。
焙煎士オススメの飲み方焙煎士オススメの飲み方 / 抽出方法
88℃くらいのお湯で淹れると、あなたはキャラメル感のある甘味を味わえます。

85~90℃あたりで淹れると甘味成分が多く出ますから、さまざまな温度で飲んでみてください。

90℃以上で淹れると香りは強くなりますが、雑味が多くなります。


» コーヒー粉に何度のお湯を注ぐのか?
注ぐお湯の温度には正解がありません。

お湯の温度は嗜好によります。嗜好は、食べてきたものや年齢により決まります。

好みのお湯の温度を探していきましょう。


香りを保ちましょう


味わいを長持ちさせたいのでしたら、小まめに買いましょう。

100gから販売していますから、あなたは 香りの良いコーヒーが楽しめ続けられます。
コーヒーチャート
味わいをグラフでお確かめください
酸味
甘味
苦味
香り
コク
濃厚
お買い物ガイドはこちら
マイルドブレンド

マイルドブレンド (100g) 商品コード:CB102

【 販売価格 】¥314(税込)
在庫状態 : 在庫有り
商品オプションをお選びください
挽きの指定
数量   
挽き具合の調整もお受けいたします

焙煎とコーヒー生豆材料のこだわりポイント

焙煎度合いである中浅~中深煎りの豆をブレンドしているのが「マイルドブレンド」。飲みやすく軽い味わいで飲んでいただきたいからです。


中浅煎りから中深煎りに向くコロンビアとブラジル、それからグァテマラを選びました。

ブレンド内容は、コロンビア・スプレモを60%使用、グァテマラを20%使っています。


コロンビアの焙煎度合いは中深煎り

このコロンビア豆は、中深煎りに焙煎していくなかで、豆の膨らませ具合が難しいです。豆が固くて肉厚なため、火の通りも悪いからです。


コロンビア豆は、焼きあがる直前に火を止めます。

この豆が十分に膨らむのを目で確認し、もっとも大きく膨らんだ瞬間に焙煎機から出します。


200℃もあるコロンビア豆を急冷し、焙煎したての甘みのある味が完成。この急冷こそが、マイルドブレンドの甘さと香りの源になっているのです。

さらに、渋みを出さないように、コーヒー豆から出る煙の量に適した排気具合にしています。