アイスコーヒー (100g)

テイストテイスト(味わい・風味)
濃い口で程よい苦味と、香ばしい香り。
ひと口、口にふくみ香りを鼻のほうに抜いてください。ふぁ~と、なんともいえない香ばしい香りが心地よいです。深みの有る、味わいです。
焙煎士オススメの飲み方焙煎士オススメの飲み方 / 抽出方法
アイスコーヒーの作り方は、こちらから。

アイスコーヒーは短い期間だと、作り置きをしても大丈夫。我が家の夏は、冷蔵庫に常時2リットルは、アイスコーヒーの作り置きをしています。そしてお風呂上りに、気軽にガブガフと飲んでいます。
またホットコーヒーとして飲んでいただいても、ほのかな甘味が有り、とても美味しいですよ。その他に、カフェ・オ・レにも最適。

こちらも、アイスコーヒーにすると美味しい。
イタリアンブレンド
酸味
甘味
苦味
香り
コク
濃厚
アイスコーヒー

アイスコーヒー (100g) 商品コード:CB109

【 販売価格 】¥314(税込)
在庫状態 : 在庫有り
商品オプションをお選びください
挽きの指定
数量   
挽き具合の調整もお受けいたします

生産地の特長

アイスコーヒーのブレンドベースとなっている、コロンビアコーヒーの特長。

南米コロンビア、アンデス山脈のふもとは、緑がとても豊かな丘陵地帯です。そこにはコーヒー栽培に、とても適した稀少な土地が有り、多くの農園でコーヒーが生産されています。

さらにコロンビアでは、コーヒー豆生産地域の気候は様々。特に雨季と乾期が違うため、一年を通して多くの農園でコーヒーの豆が収穫がされています。

焙煎へのこだわりポイント

アイスコーヒー生豆材料は。コロンビア・スプレモ、ブラジル・サントス#18、インドネシア・ジャバ・ロブスタ・PTPです。特に、アイスコーヒーの隠し味でも有るインドネシア・ジャバ・ロブスタ・PTPは、とても気を使って仕入れをしています。

PTPとは、インドネシア国の管理のもとに栽培された最等級の国営コーヒー豆。国から最高級の等級を寄与されています。更に国営の農場で品質管理された高等級コーヒー豆。

仕入れの際に気を使っている点は、主に生豆の水分量です。水分量が少ないと、深煎りには耐えられないのです。

遠火の強火で香ばしく焙煎したコロンビアをベースに、ブラジル・サントスをブレンドし、薫り高いアイスコーヒーに仕上げています。

良質の生豆、毎年フレッシュな新穀のコーヒー豆で焙煎をしませんと、イタリアンローストの深煎りには耐えられません。水分量をしっかりと調整された新穀は深煎り、強い火力でもコーヒー豆の芯が焦げることがなく、高品質なアイスコーヒーが焙煎できます。