家のアイコン
TOP
人物のアイコン
ログイン
カートのアイコン
カート
手紙のアイコン
問い合わせ
重要なお知らせ
2024年05月28日(火)
お届け日の指定について
オンラインショップについての
お知らせ

NEW 数量限定 おすすめ

コロンビア ウィラ県 カツーラ品種

テイストテイスト(味わい・風味)
チョコ感で人気の『カツーラ品種』が久しぶりに入荷!!

【味を想像してください】
カカオ70%以上のマイルドチョコのような風味。

チョコ感が続く、ほろ苦い味わいも魅力的。
焙煎士オススメの飲み方焙煎士オススメの飲み方 / 抽出方法
85℃くらいのお湯で淹れれば、なめらかなチョコ風味が味わえます。

90℃以上で淹れれば、香りが強くなります。ただ、苦味も多くなります。


お湯の温度は嗜好で決まる


注ぐお湯の温度には正解がありません。

温度は嗜好によります。嗜好は、食べてきたものや年令により決まります。

好みのお湯の温度を探していきましょう。


香りを保ちましょう


味わいを長持ちさせたいのでしたら、小まめに買いましょう。

100gから販売していますから、香りの良いコーヒーが飲み続けられます。
コーヒーチャート
味わいをグラフでお確かめください
酸味
コーヒーチャート
甘味
コーヒーチャート
苦味
コーヒーチャート
香り
コーヒーチャート
コク
コーヒーチャート
濃厚
コーヒーチャート
お買い物ガイドはこちら
coffee
中深煎り

コロンビア ウィラ県 カツーラ品種 商品コード:CS247

【 販売価格 】¥519(税込)
在庫状態 : 在庫有り
商品オプションをお選びください
挽きの指定
数量   
電球のアイコン 挽き具合の調整もお受けいたします

生産地の特長

ここでは仕入先さんからの情報と、コロンビア ウィラ県 カツーラ品種の産地情報をお伝えします。
仕入先さん情報

世界第2位のアラビカ種生産国のコロンビア。

コロンビアは、良質なティピカ品種やカツーラ品種が採れることでも有名だ。


アンデス山脈の山々に守られ、いまだに伝統的な農法が語り継がれている地域も多く存在する。

しかしながら、近年さび病やFNCの指導の混迷から品質の安定が難しい。そのため、常に安定供給に苦労している産地。


今年はパートナーの欧米のトレーダーであるally COFFEEの勧めで以前より強く惹かれていた『ウィラ県』から買い付けて新たなスタートを切る事に。

零細農家の集合体が多く、オリジナルロットを作成することに長けているのが長所です。

産地情報
農園名: ALLY COFFEE 輸出業者

生産地: コロンビア国 ウィラ県
栽培品種: カツーラ
標高: 1800m

開花時期: 10月‐11月
収穫時期: 7月‐10月

精製処理: Washed(水洗式)
スクリーン: スプレモ
カツーラ品種は
突然変異したものです
1935年にブラジルで発見された品種で、ブルボン種の突然変異したものがカツーラ品種。

カツーラ品種は、さまざまな環境に適応します。

標高1500~5500フィートでカツーラ品種は栽培され、標高が高いほど高品質です。ただ、生産性は落ちます。


定温倉庫でコーヒー成分の減少を防ぐ
仕入先が委託している倉庫では、季節に応じて温度や湿度の管理をおこないます。

コーヒー豆は、15℃に設定された定温倉庫で保管され、コーヒー成分の減少を抑えています。

コーヒー成分が保たれていると、3年前に収穫されたコーヒーを飲んでも、味わいの少なさを感じさせません。

もっとも成分だけで言えば新穀は多く、年数が経つにつれ減少します。
次回の販売は未定です
コロンビア産のコーヒー豆は、年間をとおして流通しています。

しかし珈琲工房サントスでは、良い状態のコーヒー豆に限定して取り扱っています。

つぎの入荷情報があっても、仕入れるかどうかは品質次第となります。

焙煎とコーヒー生豆材料のこだわりポイント

漂うような香りを楽しめるのが、コロンビア カツーラ品種。

このコーヒーは、コロンビア産カツーラ品種独特の香りを楽しんでください。


その香りを楽しみ、やわらかな飲み口も感じてもらうために、煎り止めポイントは中深煎りにしました。

コーヒー豆の個性を出すように、豆の芯まで火を通していますから、あなたはなめらかなチョコ風味を楽しめますよ