TOP
ログイン
カート
問い合わせ

数量限定 おすすめ

コロンビア ウィラ県 カツーラ品種(100g)

テイストテイスト(味わい・風味)
【味を想像してください】
カカオ90%以上のダークチョコのような、ほろ苦い味わいが魅力的です。
焙煎士オススメの飲み方焙煎士オススメの飲み方 / 抽出方法
ブラックで飲むのを、おすすめします。コーヒーのよいんを楽しんで欲しいからです。

ミルクを入れると、ミルク独特の香味で、コーヒーの特性が消されてしまいます。

【コーヒーチャートを掲載 !!】
酸味・甘味・苦味・香り・コク・濃厚を
グラフでお確かめください。
酸味
甘味
苦味
香り
コク
濃厚
お買い物ガイドはこちら
coffee

コロンビア ウィラ県 カツーラ品種(100g) 商品コード:CS247

【 販売価格 】¥530(税込)
在庫状態 : 在庫有り
商品オプションをお選びください
挽きの指定
数量   
挽き具合の調整もお受けいたします

生産地の特長

コロンビア産のコーヒー豆は、年間をとおして流通をしています。しかし、珈琲工房サントスでは良い状態のコーヒー豆しか取り扱わない方針です。

そのため、次回 入荷情報があっても、珈琲工房サントスで仕入れるかどうかは、定かではありません。


以下、コロンビア国 ウィラ県 カツーラ品種の商品情報です。


世界第2位のアラビカ種生産国のコロンビア。

コロンビアは、良質なティピカ品種やカツーラ品種が採れることでも有名だ。


アンデス山脈の山々に守られ、いまだに伝統的な農法が語り継がれている地域も多く存在する。

しかしながら、近年さび病やFNCの指導の混迷から品質の安定が難しい。

セラード珈琲としても『ドミンゴ』ブランドで売り出した産地が2回変更となっている。
そのため、常に安定供給に苦労している産地。


今年はパートナーの欧米のトレーダーであるally COFFEEの勧めで以前より強く惹かれていた『ウィラ県』から買い付けて新たなスタートを切る事に。

零細農家の集合体が多く、オリジナルロットを作成することに長けているのが長所。


『ドミンゴ』のほかにも、カップがゲイシャ品種に似ていることから、大注目の『ピンクブルボン』も年間2回程輸入されている。

㈱ セラード珈琲 様 より引用


農園名: ALLY COFFEE 輸出業者

生産地: コロンビア国 ウィラ県
栽培品種: カツーラ
標高: 1800m

開花時期: 10月‐11月
収穫時期: 7月‐10月

精製処理: Washed(水洗式)
スクリーン: スプレモ

焙煎とコーヒー生豆材料へのこだわりポイント

このコーヒーは、コロンビア独特 カツーラ品種の香りを楽しんでいただくとよいです。

香りを楽しみ、そして、やわらかな飲み口を味わっていただくために、煎り止めポイントは中深煎りにしています。


長時間焙煎をさけて、豆の個性を出すようにテンポ良く豆の芯まで火をとおしていきます。

漂うような香りを楽しめるのが、コロンビア ウィラ県 カツーラ品種。やわらかな香りを楽しむようにするため、短時間で焙煎をしています。