TOP
ログイン
カート
問い合わせ

おすすめ

5月のブレンドコーヒー(100g)

テイストテイスト(味わい・風味)
濃い口でハイカカオやカカオニブの余韻が味わえます。

牛乳をたっぷり入れると、ほろ苦いカフェ・オ・レになりますよ。
焙煎士オススメの飲み方焙煎士オススメの飲み方 / 抽出方法
85℃くらいのお湯で淹れると、カカオ95%の味わいになります。

95℃以上で淹れると香りは強くなります。ただ、カカオニブ感が強くなります。

» カカオニブとは、チョコレートの素である『カカオ豆』をローストして、細かく砕いたもの。




お湯の温度は嗜好で決まる


注ぐお湯の温度には正解がありません。

あなたの嗜好によります。嗜好は、食べてきたものや年令により決まります。

好みのお湯の温度を探していきましょう。

香りを保ちましょう


味わいを長持ちさせたいのでしたら、小まめに買いましょう。

100gから販売していますから、香りの良いコーヒーが飲み続けられます。
コーヒーチャート
味わいをグラフでお確かめください
酸味
甘味
苦味
香り
コク
濃厚
お買い物ガイドはこちら
5月のブレンド

5月のブレンドコーヒー(100g) 商品コード:MB017

【 販売価格 】¥465(税込)
在庫状態 : 在庫有り
商品オプションをお選びください
挽きの指定
数量   
挽き具合の調整もお受けいたします

焙煎とコーヒー生豆材料のこだわりポイント

コーヒー生豆
原材料は、力強いコクが出る高級品の『メキシコ・アルツーラ』。

メキシコ・アルツーラを深煎りに焙煎し、ブレンドに60%も使用しています。

力強いコクのメキシココーヒーは、ハイカカオ感と香ばしさを出すにはピッタリのコーヒー豆なのです。




このメキシココーヒーは焙煎スピードが遅すぎると、カカオ感が失われていきます。では、早いといいのか? というものでもありません。

早すぎると、コーヒー豆が焦げたり生焼けになります。

釜の内部温度の上昇を調整しながら焙煎しているのです。



コーヒー豆焙煎
メキシコの焙煎方法は、こうです。

コーヒー豆の焙煎の後半は、釜内の温度上昇が遅くならないように、30秒単位で焙煎が進行する速度を確認。

煎り止めどきがくると、焼き上がりまでの判断は1秒以内にします。判断が遅いと、コーヒー香味の品質が保たれません。

とても緊張する一瞬なのです。