家のアイコン
TOP
人物のアイコン
ログイン
カートのアイコン
カート
手紙のアイコン
問い合わせ
重要なお知らせ
2024年06月30日(日)
お届け日の指定について
オンラインショップについての
お知らせ

おすすめ

7月のブレンドコーヒー

テイストテイスト(味わい・風味)
少し濃い口で、漂う香りとハイカカオ85%チョコのようなホロ苦い余韻があります。

牛乳をたっぷり注げば、ほろ苦いカフェ・オ・レが飲めますよ。
焙煎士オススメの飲み方焙煎士オススメの飲み方 / 抽出方法
83~85℃くらいで淹れれば、チョコ感のあるコクが抽出されます。なめらかな滑りこむようなコクです。

93℃くらいで淹れれば、香りは強く、舌触りの強いカカオ感も抽出されます。ただ、成分の出過ぎや金属味に注意!!


お湯の温度は嗜好で決まる


注ぐお湯の温度には正解がありません。

お湯の温度は嗜好によります。嗜好は、食べてきたものや年令により決まります。

好みのお湯の温度を探していきましょう。


香りを保ちましょう


味わいを長持ちさせたいのでしたら、小まめに買いましょう。

100gから販売していますから、香りの良いコーヒーが飲み続けられます。
コーヒーチャート
味わいをグラフでお確かめください
酸味
コーヒーチャート
甘味
コーヒーチャート
苦味
コーヒーチャート
香り
コーヒーチャート
コク
コーヒーチャート
濃厚
コーヒーチャート
お買い物ガイドはこちら
7月のブレンド

7月のブレンドコーヒー 商品コード:MB019

【 販売価格 】¥508(税込)
在庫状態 : 在庫有り
商品オプションをお選びください
挽きの指定
数量   
電球のアイコン 挽き具合の調整もお受けいたします

焙煎とコーヒー生豆材料のこだわりポイント

ブレンドベースのグァテマラ豆は、焙煎速度が速すぎれば、雑味が多く出てしまいます。では、遅いのが良いのか? というものでもありません。

遅すぎると豆の成分が過剰に失われるので、焙煎速度の調整が難しいところ。

焙煎速度は、輸入時の水分量、そして作りたい味わいにより、決まってしまいます。だから初期焙煎の段階で毎回、含水分量に合わせた焙煎速度を探すのです。


今月のブレンドの内容は 焙煎度合いで言うと、深煎りのグァテマラ豆の割合が多いです。

深煎りと言うと、単純に高温で深煎りを目指して煎り止め、というだけではありません。


焙煎のことを細かく書いてしまうと、よくわからないと思います。コーヒー豆焙煎にご興味がある方は、お問合せください。


コーヒー豆焙煎
では簡単に グァテマラコーヒーの焙煎方法をご説明します。

グァテマラコーヒーの焙煎は、水分含有量の調整がすべてと言ってもいいです。


コーヒー豆の焙煎の後半は釜内の温度が1℃上昇する度に、秒単位で焙煎の進行速度を確認。そして煎り止め時が来ると、焼き上がりまでの判断は1秒以内。

すぐに焼き上がりを決断しないとコーヒー香味の品質が保たれません。

焼き上がりの判断は、とても緊張する一瞬なのです。