珈琲のお悩み解決情報, 焙煎機について

自家焙煎コーヒー豆の品質維持のために~ダクト掃除

焙煎機の掃除

2018.11.10 更新 | 2016.06.21 公開

自家焙煎コーヒー豆の品質維持のために

今日は早朝から、コーヒー豆焙煎機の軽い掃除からスタート。排気ダクトの掃除です。

本格的な掃除では無いので全ての部品を外さずに、目に見えるところだけを掃除します。そうですね。軽く掃除です。軽く歯磨きの様な感じです。

ここの箇所を軽く掃除する日の間隔は、3日間隔で実施しています。ここは油断すると径が他の箇所より細いので、直ぐに管内が汚れて狭くなってしまいます。だから3日間隔にしています。これだけの掃除頻度で、かなり自家焙煎コーヒー豆の品質維持に役立ちます。所要時間は10分ほどです。

下の写真が、付着物を取り除いたダクト内です。



軽く掃除をするだけでも、綺麗になりました。

これでいつもと変わらない排気コントロールが可能になります。ここを掃除しないと、コーヒー豆の焙煎時間が毎回同じになりません。毎回同じにならないということは、同じコーヒー豆を焙煎しても、品質は異なるということです。

同じ品質を維持するためには、掃除は欠かすことのできない作業です。



自家焙煎コーヒー豆専門店・珈琲工房サントス

自家焙煎珈琲豆専門店