珈琲のお悩み解決情報, 飲食店を開業される方へ

ブラックか|個人で創業1年目の方へ

時計

2018.11.17 更新 | 2016.06.17 公開

連休など長期休みの過ごし方。例えば、ゴールデンウィークなど。

この情報は2016年5月に書いたバックナンバーです。現在でも十分に通用するコトを書いています。
創業予定のあなた様には、ぜひ読んでいただきたいのです。





巷はゴールデンウィーク真っ只中ですね。皆さん、楽しいコトだらけでしょう。あなた様もそうですか。

でももし、あなた様が個人で創業1年目のだとすると。
「もしかしてだけど~、もしかしてだけど~~~。脳みそもゴールデンウィークじゃないんですかぁぁぁ ♪」
脳みそを休めては、ダメです。

経営者は労働時間等の適用除外です。経営者の労働時間の長さは世の中から見ると、「うわ!ブラックか・・・」と、言われているほどです。なので家庭に迷惑をかけない範囲で、ブラックな長時間頭脳労働をしなければなりません。

具体的な労働時間は、年間4200時間は労働しましまょう。これは、17年目の当店でさえも同じことです。
なのに経営者1年生が頭脳労働をしないなんて・・・。ありえません。孫さんの様に特別な才能が有れば別なのかもしれませんが、それでも孫さん自信は、かなりの学習とご苦労を経験されてきたことは、容易に想像がつきます。

サラリーマン時代のような8時間労働では、資本主義社会では淘汰されてしまいます。頭脳労働をしなくても良いのは、1万人に1人位です。残りの9999人は、長時間頭脳労働をしなければいけせん。

新規開業

新規開業


野球も経営も練習することは同じです。

何事も稽古量です。
上手になるためには、ブラック・・・、なんてことは言ってはいられません。

野球だと、とにかく練習です。基礎が身につくまでは、ヘロヘロになりながらの基礎練習をするはずでしょう。
目標は、3割打者です。野球選手で3割打者だと、来季も契約確定は十分条件です。

経営も同じです。優秀な経営者は、10個の企画を組んで3個はクリーンヒットです。
決算書もきっと◎でしょう。ここを目指して、仕事です。

私?

私ですか。まだまだ3割には、ほど遠いです。
良いだろうと思う企画組み、そして取り組んでみてた果、上手く行ったのは10個の内、1~2個か・・・。

これでは1~2割打者です。
2割打者では、来季の契約は難しいですね。

では、また。