TOP
ログイン
カート
問い合わせ
珈琲豆の買い方, 珈琲のお悩み解決情報, 飲食店を開業される方へ

焙煎されたコーヒー豆・初めての買い方

コーヒーショップ

2019.09.5 更新 | 2019.02.19 公開

「焙煎されたコーヒー豆の初めての買い方」をご紹介。

コーヒーが大好きなあなた様にとって、コーヒーの香りは、とても大切ですよね。

しかも強い香りとか漂うような甘い香りがする、おすすめコーヒーに出会うと、もうそれだけで嬉しくなりますよね。

私もコーヒーの香りが大好きな一人なので、お気持ちがよく分かります。

今までもコーヒー豆・粉をスーパー、デパート、コンビニ、喫茶店、スターバックスさん、カルディさん、UCCさん KEYコーヒーさんで買ってみたこともあるでしょう。

スーパーで買った豆・粉はドリップをしたときに、画像のように元気良く膨らみ、良い香りがしましたか。


元気よくふくらむ
私も過去、あなた様と同じようにコーヒーをスーパーで買ってしまい、大変残念な思いをした経験があります。

しかし、あなた様のご近所、お近くに自家焙煎珈琲豆専門店、販売店が有ればどうでしょうか。

しかもお気軽に、コーヒーについて質問ができる店があれば心強いと思いませんか。

コーヒーの賞味期限のこと、保存するときは冷凍・冷凍、コーヒーの入れ方は? などなど質問ができれば嬉しいですね。

そうは言ってもコーヒー豆店は近くに有るのだけれど、入りづらいとか、買い方がわからないとか「何を言えば良いのだろうと」悩んだり、不安に思っていませんか。

自家焙煎コーヒー豆ショップは、敷居の高い店舗ばかりではありません。中には、とてもフレンドリーなお店も多いので、ご安心ください。

あなた様が一度、お気軽にコーヒー豆や粉を買いに行くきっかけや方法を知っていれば、これほど心強いことはないですよね。

この記事は、実際に自家焙煎店を経営をしている店主が書いています。

だからお読みいただければ買うための不安、悩みも解消されて今直ぐに、お好きなコーヒーを探しに行くことができます。

そしてきっと、おすすめのコーヒー豆を見つけることが出来るようになるでしょう。




はじめて焙煎されたコーヒー豆を買いに行く前に考えておくこと。

紙とペンを用意しましょう。

ご用意ができましたか。

コーヒー専門店に入って緊張してしまい、あなた様のご希望がスタッフに伝わらなかったら、トンチンカンなコーヒーの味をすすめられるコトもあります。

ですからあらかじめ、お好みの味、質問したいコトをメモ書きして持っていけば大丈夫でよ。

考えておいて欲しい6つのコト。

1・どのようなコーヒーが好みなのか。
  • 濃さは濃い、薄い、軽い。

  • 苦さはすっきり、ほろ苦い、苦い。

  • コクは甘い、さっぱり。

  • 香りは強い、甘い香り。

2・コーヒーを買う分量は。
  • ご参考までに、コーヒーを1杯作るのに、コーヒー粉は約10gは必要。

3・コーヒーを入れる抽出器具は。
  • コーヒーメーカー、ハンドドリップ、プレス、サイフォン、エスプレッソマシーン。

4・コーヒー豆の状態はどちらですか。
  • 豆のまま、挽きなのか。

5・コーヒーが挽きならば、フィルターは。
  • ペーパーフィルターだと山型ロシ、丸型ロシ。あとは、布、金網。

6・コーヒー豆は、いつ焙煎されたのかを聴くこと。
  • これはとても重要。

    なぜならば焙煎機を持っていない喫茶店、デパート、コーヒー豆販売店で買ってしまうと、既に賞味期限切れのコーヒー豆に当たってしまうコトが有るからです。

    ハズレくじを引かないためにも必ず、いつ焙煎されたのかを聴くこと。

コーヒーの賞味期限、関連記事を、ぜひお読みください。
コーヒー豆の賞味期限 | コーヒー粉で未開封でも飲めるの?



以上、初めてコーヒーショップに入って6つの聴くコトを、直ぐにメモ用紙に書いておいてください。

これで緊張をすることも無く、聞かなければならないことも忘れないですから。

どこで焙煎されたコーヒー豆を買えば良いのか。

コーヒー豆・焙煎

コーヒー豆・焙煎


答えは、コーヒー豆を焼いている店舗。つまりコーヒーを焙煎をし、直接に手渡しをしてくれる自家焙煎店です。

自家焙煎店で買うことで、酸化されていない鮮度抜群のコーヒー豆、粉を買うことができるからなのです。

そしてご家庭で保存容器に入れて冷蔵庫保管をすれば、コーヒーの賞味期限まで、とても香りが長持ちをするでしょう。

製造元についての例え話しとしては。

私はお刺身が大好きです。
だから新鮮な魚を買うときには市場まで買いに行き、鮮度抜群の魚を買います。そして自宅でさばいています。

コーヒーも魚と一緒で、生鮮食料品の部類に入ります。

だから可能な限り製造元、つまり自家焙煎店で買うことをオススメ。そのようにして、コーヒー豆は買ってみましょう。

どのようなコーヒー自家焙煎店を選べば良いのか。

コーヒー豆

コーヒー豆


コーヒー豆焙煎といっても、業務用卸だけをしている企業などもあります。だから家庭用小売をしてくれる自家焙煎店を選んでください。

小売店を選べばコーヒー豆の小分けや、アドバイスもしてくれるので、あなた様にとって大変重宝することになるでしょう。

自家焙煎店を選ぶ基本的な9つのポイント。

コーヒーショップ
あなた様が好きなコーヒーの香味を、正確に聴いてくれるコーヒーショップであるコトが一番です。

スタッフさんが好みのコーヒー香味のコトなどを聴いてくれないと、トンチンカンなコーヒー豆を薦められてしまいます。


選ぶポイントとしては。
  • 当たり前ですが、豆を每日焙煎をしていて、直接販売をしている。

  • 焙煎士が直接、要望を聴いてくれる機会がある。

  • 気になるコーヒー豆の試飲ができる。⇒極めて重要!!

  • 好みに近い味をススメてくれる。

  • コーヒー豆を100グラム単位で小分けをしてくれる。

  • コーヒー豆を真空パックで包装をしてくれる。

  • 抽出する器具を聴いてくれる。

  • 抽出器具に合わせて、挽き具合を細かに調整をしてくれる。

  • 抽出器具の正しい使い方を教えてくれる。
さらにそのお店が、ハンドピックで不良なコーヒー豆を選別しているのかは、とても重要。

スタッフさんにハンドピックのことを聴いたり、インターネットなどを使って調べて見ても良いでしょう。

あなた様が初めての利用するお店で「コーヒーを買おう」と決心をする前に、ぜひコーヒーの試飲をしてみることをお勧めします。なぜなら人間の味覚は、人それぞれだからです。

コーヒーの試飲ができれば、あなた様の好みでない味を選ばなくて済むからです。

コーヒーには、それぞれ違った味わいや風味があります。

さらにコーヒーには苦味と雑味もあるために、間違った味を選んでしまうと、コーヒーを飲むことが苦痛になってしまうでしょう。

私は、あなた様が利用してみたいと思っているコーヒー豆販売店に、どうかコーヒーの試飲サービスがあることを願っています。


ハンドピックで不良コーヒー豆を選別の関連記事を、ぜひお読みください。
コーヒー豆のハンドピックについて。



ここまで自家焙煎店を選ぶポイントを説明してきました。

初めて買いに行っただけで選んだ店が、あなた様にとってどのような店であるのか、わかるコトばかりです。

そして、そのお店に通いつめていれば、いろいろとコーヒーについて教えてくれるはずです。

例えば、このようなコトも教えてくれるでしょう。

  • オリジナルブレンド、オリジナル焙煎、ハンドドリップの指導、コーヒーメーカーの使い方コツ。

  • コーヒーミルの挽き具合、使い方のコツ、コーヒー農園情報、アイスコーヒーの作り方、カフォオレの作り方。

  • アイスコーヒー用の豆が数種類あるときは、味と香りの違いを說明してくれる。

  • 全自動エスプレッソマシーンのポイント、ペーパーフィルターの品質の違いなどなど。

  • このように、いろいろとスタッフさんに質問をすれば、親切に教えてくれるはずです。この教えてくれるコトが、とても大切なのです。

    例えばコーヒーメーカーでドリップした場合、コーヒー粉の鮮度の見分け方も教えてくれることでしょう。

    関連記事・新鮮なコーヒーの鮮度の見分け方
    新鮮なコーヒーの鮮度の見分け方|コーヒーメーカー



    特にオリジナルブレンド作りなどの話は、あなた様にとっても興味があると思います。

    例えば、こんな企業秘密のような話も聴けるかも。

    「マンデリン豆は珈琲工房サントスのブレンドコーヒー作りには欠かすことが出来ないコーヒー豆。だからブレンドコーヒーのほろ苦さを出すために隠し味に使っています。

    そしてコロンビアベースにマンデリンをブレンドすると、なめらかで濃厚なブレンドコーヒーが味わえます。」などと普段、聞けない話も聞くチャンスがあるでしょう。

    関連記事・ブレンドコーヒーの作り方【おすすめ配合比とレシピ】
    ブレンドコーヒーの作り方【おすすめ配合比とレシピ】

    珈琲工房サントスでは、こんな接客をしています。

    はじめてコーヒー豆を買いにご来店をされたお客様だと。
    • どのようなコーヒーがお好きなのか。

    • コーヒーは濃い口が好き、それとも飲みやすいのがお好きなのか。

    • コーヒーを抽出する器具は。

    • ペーパーフィルターなのか、金網フィルターか。

    • コーヒーは、豆のままなのか挽きで買われるのか。

    • コーヒー豆の小分けは必要なのか。必要ならば、小分け分量を。

    • そしてご希望であれば、コーヒーの試飲をおすすめ。
    珈琲工房サントスでは、このようなコトをお聴きすれば、お客様のお好きな味がつかめてきます。

    そしてコーヒーを挽きでお買い上げの場合は。
    挽き具合を可能な限り抽出器具に合うように挽いて、真空包装にしてお渡しをしています。

    またコーヒー銘柄を指定いただいた際には、必ず好みの焙煎度合いなのか、あなた様とスタッフとで確認をするようにしています。

    好みの焙煎度合いと違うコーヒー豆を買ってしまうと、どんなに美味しいコーヒーでも残念なコーヒーへと変わってしまうからなのです。

    珈琲工房サントスにはご遠方からでも、ご来店されるお客様がいらっゃいます。ご遠方のお客様は、どうしてもコーヒー豆を沢山、買われる傾向にあります。

    沢山買ってくださるお客様には、コーヒー豆・粉の保存と、冷凍保存方法をきっちりとご説明をしています。

    どんなに良いコーヒー豆をお買い求めになられても、正しい保存方法を知っておかないと、コーヒーを長くおいしく飲むことが出来ません。


    おすすめの自家焙煎店には何度か通ってみること。

    「このコーヒーショップは、良さそうだな」と思ったら、数回は通ってみるコトをおすすめします。

    なぜならスタッフさん達は、あなた様の好きな香味を、まだ良くわからないからです。

    初回はお好みに近い味をオススメしています。そして、おすすめをした味で気に入っていただければ、とても嬉しいのです。

    しかし、たった一度だけのご来店だと、あなた様にとってピッタリの香味になっている可能性は、とても低いのです。

    特にコーヒーを粉でお買い上げの場合は、一度で挽き具合が抽出器具とピッタリに合わない場合もあり、再調整が必要になるコトも。

    なぜかというと実際にコーヒーをドリップする、あなたさ様の生活環境によるからなのです。

    コーヒーショップで飲むのと、ご家庭で飲むのとでは、コーヒーミル、抽出器具、ドリップ技術、雰囲気など全て異なるからです。

    よく有るのは、ご自宅に帰ってコーヒーを飲んでみて「あれ??? こんな味だったけな・・・」ということです。

    これは美容院、理髪店でも同じですね。
    「技術は納得、でもここのところが・・・、次に行ったときに相談をしてみよう」といった感じです。

    よっぽど接客が最悪では無い限り、もう一度、コーヒーショップに足を運んでみてください。

    あなた様とスタッフが、情報交換をすればするほど、ピッタリのコーヒー香味になってきます。

    「焙煎されたコーヒー豆の初めての買い方」の、まとめ。

    コーヒー専門店に入って緊張してしまい、あなた様のご希望がスタッフさんに伝わらなかったら困ります。

    トンチンカンなコーヒーの味をすすめられるコトもあります。

    ですからあらかじめ、お好みの味、質問したいコトをメモ用紙に書いて、持って行きましょう。

    自家焙煎店を選ぶ基本的な9つのポイント。
    これは初めてコーヒー豆を買いに行っただけで、どのようなお店であるのか、わかるコトばかりです。そして、そのお店に通いつめていれば、コーヒーの疑問について教えてくれるはずです。

    だから、あなた様が「このコーヒーショップは、良さそうだな」と思ったら、数回は通ってみるコトをおすすめ。

    なぜならスタッフさん達は、あなた様の好きな香味を、まだ良くわからないからなのです。そしてできれば、コーヒー豆の試飲ができれば、もっと選んだコーヒーショップが好きになると思います。

    自家焙煎店でコーヒー豆を買ったことの無いあなた様へ。

    この記事をご参考にしていただいて、楽しいコーヒー生活にお役立てください。

    コーヒー豆・お悩みの種類別・解決情報